地球で、思いっきり生きる。*Backpacker Mariko*

旅人×ライター×路上詩人×小児科ナース*

沖縄②!!路上詩人@瞳の奥に見えるもの。

 世界中で磨かれた感性

特別な能力とか超能力とか

特に何もないけれど、

沖縄に来て路上に座って、

目の前に来てくれた人の目を見つめると

確かに見えるものがあることに気がついた。

 

 

「その人が今どんな

 キーワードを持っているのか。」

 

 

何かを探しているのか

確信の言葉が欲しいのか

迷っているのか

自分に自信がなくなっているのか

希望で満ち溢れているのか・・・

 

 

そしてその奥にあるキーワード。

 

 

きっと、誰でも鍛えれば見えてくる。

 

 

私は昔から目の前の人の心の動きは

敏感に察知できるんだけど・・

Backpackerとして思いのままに

世界中を旅する中で知らぬまに

更なる感性を磨いてきたような気がした^^

 

 

世界を旅して、私の生きる世界は

「普通の色」の世界から

きらっきら輝く色鮮やかな世界に

どこまでもひっくり返ったから^o^

 

f:id:dreamswithlove:20170603193156j:plain

 

 心が震える出逢い

路上に座っていると

毎日いろいろな人とお話ができる。

f:id:dreamswithlove:20170606130054j:plain

 

ある日、少し不安そうな表情をした

女性が私の前に立ち止まった。

 

 

女性「あのう、これ、いくらかしら?何か言葉をもらったら、幸せになれるかしら・・・。」

 

 

「お値段は1円から、いくらでも大丈夫です。幸せに、なれますよ^-^*”この人に何かを贈りたい。”、そんな気持ちがふと湧いてきた。

 

 

女性「実はね、引っ越してきたばかりなのよ。内地ではいろいろと不幸があってね。これからは、幸せになれると、いいなって。」

 

 

その女性の瞳の奥を見つめると

優しさと希望で溢れていた。

 

 

心の中に

どんなに不安があっても

暗闇があっても

瞳の奥は、幸せになることを

諦めてなんかいなかった

 

 

言葉を贈ると、表情が一気に輝いた。

 

 

女性「すごい!可愛い!それに、嬉しい言葉。この言葉、今ほしかった。ありがとう。・・実はね、私、もう余命があと2年って言われてるの・・・だから、沖縄に来て・・・。」と涙を浮かべた。

 

 

「そうなんですね・・・。それは、お辛い。・・・でも、まだ、あと、2年もある。実は、私は以前、小児科病棟で看護師をしていました。そしてそこで、たくさんの子ども達を天国にお見送りしました。でも、どんな子ども達もみんな、命をキラキラ輝かせて、生きていることを喜んで、生まれてこれたことを喜んで、最期まで思いっきり生き抜いていきました。だから、●●さんも、生きてください。沖縄には、美味しいものも、優しい人たちもたくさんいます。少し船に乗れば、ものすごく綺麗な海も見えます。生きている喜び、いっっっぱい感じて、思いっきり、生きてください。幸せになれるから、だいじょうぶ。たくさんの感情を感じて、幸せに気づいて、最期まで思いっきり、生きて下さい^-^」

 

 

ゆっくりと目を見て話していたら

なんだか私も涙が出そうになった。

 

 

私が話しているんだけど

もっとたくさんの命が

話しているような感覚だった。

 

 

『生きて』って、

天国に行った子ども達からの

伝言を伝えているみたいだった。

 

 

目の前の女性は、涙を流しながら

「生きます!!!ありがとう!!!」

「幸せに、なります。」

って、素敵な笑顔で笑ってくれた。

 

 

最初の不安そうな顔とは全然違う

素敵すぎる笑顔に、私の心も震えた。

 

 

”私も、もっと生きよう。”

 

 

どんな人にもどんな人生にも

生まれてこれた喜びも

生きている喜びも

いっぱい、いっぱいある。

 

 

目の前の人は、自分の鏡。

「生きて」って伝えたら

伝えた私も生きる希望をもらってた。

 

 

ありがとう。

 

f:id:dreamswithlove:20170621184419j:plain

 

 だめだ、涙出る!

「書いてくれや〜〜〜!!」陽気なおじちゃんが目の前に来てくれた。クルーズ中で、台湾と沖縄を周っているという。

 

紙に書いてもらった名前を読むと「名前で呼ばれたのなんて10年ぶりだ!照れる!」と笑った。「嫁さんが10年前に旅立っちまったからよ!」何気なく、おじちゃんとの会話が始まった。

 

目を見ると「やっぱり照れるぁ〜!!!」と可愛い笑顔で笑った。

 

 

”この人が受け取りたいメッセージは、なんだろう。”

瞳の奥を覗き込むと、見えた。

 

 

「(奥さんからの、メッセージだ!!!)」

 

 

天国にいる奥さんに、心の中で聞いてみた。

”旦那さんに送りたいメッセージは、何ですか?”

 

 

色紙に色を塗りながら、ふと浮かんだところに

シーサーを書いたら、天国にいる奥さんと重なった。

 

 

目の前のおじちゃんに向けて

愛情を込めて、筆を走らせる。

 

 

すると、不思議なくらいに

どんどん言葉が降ってきた。

 

 

書き上げた言葉を読み上げると

それまで笑っていたおじちゃんは

途中で「だめだ、涙出る!!!」

と、泣き出した。

 

 

続いて私まで

「だめだ、涙出る!!!」状態(笑)

 

 

私の筆をなぞらせた優しい言葉はきっと

天国にいる奥さんからの

久しぶりのラブレターだったんだ^-^

 

f:id:dreamswithlove:20170603212454j:plain

 

 

 

 ありがとう

路上詩人を通して生きる喜びを

たくさん味わせてもらっている*

f:id:dreamswithlove:20170603201944j:plain

 

可愛い女性や素敵な女性や夫婦や

カップルやお兄さんや高校生

おじちゃんやおばちゃんまで

 

 

様々な人達が来てくれる。

 

 

そして、

心からの愛を込めて贈った言葉は

驚くくらいに自分に跳ね返ってくる。

 

f:id:dreamswithlove:20170606125625j:plain

 

温かい笑顔や気持ちを

毎日たくさんの人から受け取れて

本当に、本当に、幸せ。

 

 

あるお客さんに言われた

「まりちゃんは、こうやって毎日みんなに感性をどんどん磨いていってもらっているからもう、どこまでも、幸せになれるね!!!」

 

f:id:dreamswithlove:20170603201239j:plain

 

本当に本当に、その通り。

出逢ってくれたみんなも

思いっきり幸せに生きてほしい!!!

 

 

こうやって

喜びでいただいたお金は

私も誰かの笑顔のために遣う。

 

f:id:dreamswithlove:20170606125549j:plain

 

幸せの循環、生きる喜び!

路上に座るとこの世界に

愛する人が増えていく。

 

 

たっくさんの愛情。

心の底からありがとう。

f:id:dreamswithlove:20170603201737j:plain

 

沖縄!!喜びで受けとった、初めてのお金。

 めんそ〜〜〜〜れっ!!!

f:id:dreamswithlove:20170524202813j:plain

 

 2017.5.21  弱い自分、本当の自分。

亡くなったおじいちゃんをきっかけに沖縄の親戚たちの集まりに呼ばれた。私の祖父母は宮古島出身。おじいちゃんは元特攻隊員で、出撃する当日に、戦争が終わった。

 

辛い時代も生き抜いて、命をつないでくれた祖父母やたくさんのご先祖様がいてくれたから、今の私がいる。そんなおじいちゃんに、導かれるかのように、インドから沖縄へ移住した!!!!

 

沖縄に来て1人になると、人生のいろんなこと全てに行き詰まった。

 

携帯も東京に落としてきた、お金ももう底を尽きる、かといってお金のために働くのはどこか違うと心が叫ぶ・・・

 

そして、世界のどこにいても毎日書き続けている執筆文章にも、自信がなくなってきた。どこまでもダメダメな自分に出逢い、これから先どうやって生計を立てていこうか、どうやって生活していこうかわからなくなった。

 

そして、久しぶりに、涙が溢れて止まらなくなる自分に出逢った。空港のトイレでも那覇のトイレでも。

 

行き詰ったのは今に始まった事ではなかったけれど、とにかく、沖縄に来て感じた「不安」や「自信のなさ」も、そこからつながった親への感謝の気持ちも愛情も、今までで一番大きいものだった。

 

看護師の仕事は大好きだけど「今はそれじゃない!」っていう確信があった。無理に働いてお金を作っても、そこに費やす時間にも、そこからいただくお金にも、今の自分には意味がない気がした。

  

両親は心配するし、祖母は早くひ孫の顔が見たいと言うし・・・

 

世間的に見たら、ダメダメな自分。それでも愛し続けてくれる親への感謝、両親からの大きな愛を感じて、何だか一日中、ずっと涙が止まらなかった。

 

でも・・私は私の道を行く^-^!!!

 

 

 「路上詩人は、どう?」

一日中トイレで泣いていたその日の夜、久々に再開した友達がいた。「あれでもない、これでもない・・・でも、何かがあるはずだ・・・!!!」と、ちょっとでも楽しんでできそうなバイトを探していた私に、友達のなんちゃんはふと「路上詩人は、どう?」という選択肢をくれた。龍一くんの「それなら今すぐ、誰でもできるよ、大丈夫!」そんな言葉を信じて、やってみることにした。

 

 

翌日、私の師匠となった龍一くんに書き方をちょろっと教えてもらって、その後は3時間の練習。そしてそのまま、早速路上に座ることに。今までも世界旅中に何度か路上に座って何かをしようとしてきたけれど、結局勇気が出なくて何もできなかった。でも、今回ばかりは、やるしかない!!!

 

 

「やるしかないんだ!!!」

 

f:id:dreamswithlove:20170524212235j:plain

  生まれて初めての路上詩人

緊張で、不安で、どうしようかと思ったけれど、路上に座った瞬間、覚悟が決まった。「目の前に座ってくれた人は、今日の今この瞬間、茉莉子ちゃんのメッセージを必要としている人だから、そのとき浮かんだメッセージをそのまま書けば大丈夫。一言一句、全部が正解だよ。何が出てきても何を書いても、全部オッケー!!!10年くらいやってるつもりで、堂々と座っとけ!!!」龍一師匠のそんな言葉が、とてつもないお守りだった。

 

 

1人、また1人と、私に話しかけに来てくれた。少し話して去っていく人、「ぜひ書いて!」と、目をキラキラさせながら来てくれる人、いろんな人に出逢った。路上に座っている時間は、何だか妙に落ち着いた。久しぶりに心が満たされる感覚になった。

 

 

生まれて初めて出逢った人に

愛情を込めて贈る言葉

 

 

「本当に、メッセージなんて書けるの?そもそも、浮かんでくるものなの?????」謎は深まるばかりだったが、その答えはすぐに出た。

 

 

来てくれた人の目をまっすぐに見つめると、確かに感じるものがあった。目の前の人に届けたいメッセージ、目の前の人の中にある素敵なものが、ちゃんと見えた。1文字1文字に、愛情を込めて書くと、私の心の中まで温かくなった

 

 

書いたメッセージを渡すたびに、跳ね返ってくる喜びの波動が、私をどんどん元気にさせた。そして、その喜びの中で受け取るお金は、どんな金額でも、愛情でしかなかった

 

 

 

 お金の正体

 路上詩人として路上に座り、言葉を贈る私に、自分の命の時間を削って稼いだお金を「はいっ、どうぞ。ありがとう!!!頑張ってね。」って、満面の笑みで渡してくれる人、ちょっと照れくさそうに渡してくれる人、酔っ払って「ほ〜らよっ♫あ〜らよっ♫」ってくれる人、人それぞれ愛情の形が違って、そのどれもが本当に嬉しかった。

 

 

最後に来てくれたお客さんは、「何となく来ちゃった〜!!!」って言いながら、自分のことをたくさん話してくれた。時には目を、潤ませて。

 

 

そして、メッセージを贈った後、お財布を覗き込んで「うわ、微妙なのしかない!」と言ってコンビニに駆け込んだと思ったら、一万円札を持って、「これ、本当に嬉しかったから。どうぞ。」って、わざわざお金をおろしてくれて、気持ちを込めて、両手で渡してくれた。

 

 

そんな気持ちが、出逢ったばかりの人からの深い愛情が、ものすごく、嬉しかった。出逢えただけでも嬉しかったのに、それを形にして受け取ることができるなんて、もう、心がどこまでも、どこまでも震えた。

 

 

 

お金の正体は

「愛」だ。

 

 

 やっと、本当の意味で、お金というものを実感できた瞬間だった。

 

たった2時間ちょっと、しかも小雨の中、路上に座っていただけなのに、想像をはるかに超えたたくさんの喜びを受け取ることができた。

 

「頑張って。」「大丈夫だよ。」「生きて。」「そのままでね。」「素敵だよ。」目の前の人に心を込めてメッセージを贈ったはずが、逆にたくさんのメッセージが私に跳ね返ってきた。

 

 

ずっと探していた 

生きる喜び^^*

ここにもあった。

 

 

生まれて初めての、路上デビュー。

終わった後、涙が止まらなかった。

 

 

落ち込むことがあるからこそ

暗闇があるからこそ

弱い自分がいるからこそ

生きる喜びを心の底から

感じられるんだ!!!

 

 

トイレで泣いた日があってよかった。笑

 

 

目の前の人にめいいっぱいの愛情を込めて

これからも、メッセージを贈ります!!!

 

 

  *那覇国際通り

 待ってるね〜〜〜!!!

f:id:dreamswithlove:20170603183612j:plain

インド移住・タイ・日本*自分の人生にくらいつく^o^!

 自分らしい道

何故インドか、それは、私にもわからない笑!ただ、社会のレールの上での人生から外れて、自分の人生を歩んだら、それが一時的にインドにつながっていた!^0^*

 

f:id:dreamswithlove:20170417040158j:plain

 世界一周を終えて帰国し、東京での生活に戻ると、また「社会」にのみ込まれていく感覚を味わった。旅をして、世界中で感じた生きる喜びが、どんどん思い出になっていった

 

でも、改めて「社会」を見つめてみると、社会の中にも楽しいことも幸せなことも、生きがいもたくさんあって、その一つ一つがとっても素敵なことだと知った!素敵な仲間たちにもたーーーくさん出逢った!!!家族もできた。

f:id:dreamswithlove:20170524204326j:plain

 旅をしても、仕事をしても、正社員でも派遣でも、起業をしても、何もしなくても、何を選んでも自分次第でいくらでも幸せになれる「どんな道も同じくらい素敵なんだ。」って知った私は、社会の中での正社員としての道よりも、やっぱりこれからも「自分自身の道」を歩むことを決めた。結局全部、繋がっていたから。

f:id:dreamswithlove:20170503183920j:plain

心の底からやりたいことを抱きしめて、心の底から感動する道を選んで、本当に大切なことを追いかけて!!!

 

旅をしていた時のように、日本でも思いっきり生きて突っ走った私は、2016年12月末、なんだか知らないけれど、お金も家も彼も仕事もなくなった。辛いこともたくさんあった。でも、それでも大切にしたい何かがあった。

f:id:dreamswithlove:20170524204532j:plain

ヒッチハイクをすれば素敵な出逢いがたくさんあったし、お金がなくなればお金というものをもっと深く学ぶと同時に、人の優しさや心からの愛情に触れることができた。

 

何もなくなっても自分を信じて生きていれば、心の中から希望が完全に消えることはなかった

f:id:dreamswithlove:20161113112740j:plain

 

 思いのままに 

(→本当にやりたいことを見つけた10月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

 

(→執筆をしに渡嘉敷島に行った11月)

dreamswithlove.hatenablog.com

dreamswithlove.hatenablog.com

 

 

(→お金がなくなった12月)

dreamswithlove.hatenablog.com 

 

(→インド資金調達の1月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

 

そして、東京で出逢ったたくさんの素敵な人、素敵な人生を歩んでいる人たちの中に、「旅」を使って面白い企画を仕事にしている拓人に出逢った。それが「タビイク」。素敵な企画に心を惹かれた私は、最初の1週間はこの「タビイク」を通してインドを冒険してみることにした。

 

せっかくインドに行くなら、インドを大好きになりたい!」インドが大好きな人と旅ができるのも、そこで最高の仲間に巡り合えるのも魅力だった!

  

(→タビイクインド編2月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

「タビイク」を終えて、怖かったインドも自由に旅ができるようになった私は、インドを冒険すればするほど、インドを知れば知るほど、よくわからない「インド」という国の魅力にとりつかれインドにもっといたい気持ちがどこからともなく押し寄せた。

 

 

常識が存在しない常識

全てにおいての幅の広さ

人間らしさ

空気の汚さ

牛とうんこの数

度が過ぎたイタズラ

優しすぎるインド人

臆病なインド人

全てが混ざり合うスパイス

上流でも濁っているガンジズ川

需要と供給の合わない狭すぎる橋

人と人との距離、人と世界との距離

・・・・

 

 

インドの魅力は決して言葉では伝えきれない(笑)。けれど、インドには私が好きな「何か」がいっぱいあった。長く滞在することで見えてくる景色がきっとある、と、確信した。f:id:dreamswithlove:20170417225122j:plain

と同時に、日本にいるおじいちゃんの容体が危ないと連絡がきた為、そのタイミングで日本への往復航空券を取り、一時帰国。

 

 

 特攻隊だったおじいちゃん

日本では最後におじいちゃんに会うことができた。沖縄宮古島出身のおじいちゃん。私のおじいちゃんは特攻隊で出撃する日に、終戦報告を受けた。多くの友人が亡くなり、多くのものを失い、それでも生きて、私まで命を繋げてくれたおじいちゃん。

 

お誕生日にケーキをペロリと食べ、泡盛を数滴飲んだのを最後に眠りにつき、その4日後に亡くなった。おじいちゃんが見せてくれた「死」は、今まで私が見てきたどんな「死」よりも幸せそうだった。初めて、こんなに幸せそうな死を見た。体の状態も表情も言動も、何もかもが、愛で溢れていた。

おじいちゃんの命のバトン、しっかり受け取ったよ

f:id:dreamswithlove:20170527165805j:plain

 

「思いっきり生きるからね。」

 

おじいちゃんと再び約束し、約2週間の帰国中にできる限りバイトを入れ、思いのままにインド資金を再び貯めた。(インドは物価が安くてよかった。)そして、念願の6ヶ月インドビザをとりなおし、再びインド!!!笑。(インドの神様にとりつかれたみたい笑)

 

 

 インドへ移住 

f:id:dreamswithlove:20170417135939j:plain

 

「移住」と言っても、住むのは安宿!ただ、もう日本に家がない私は、自分のいる場所が今日の家になる。そんな感覚。

 

 

最下級の列車に乗ったり

毎晩ラム酒飲んだくれたり

インド人の家にホームステイしたり

熱と腹痛に襲われたり

映画を見たり

宿の管理人になって働いたり

同僚のインド人と戯れたり

牛のうんこを踏んづけたり

f:id:dreamswithlove:20170515161930j:plain

ホーリーに行ったり

迷子になったり

ガンジス川のほとりで薪をしたり

f:id:dreamswithlove:20170525163554j:plain

インド人とバイク3人乗りしたり

酒好きインド人と酒を探し回ったり

山に家族ができたり

ガンジズ川でバタフライしたり

f:id:dreamswithlove:20170510230328j:plain

カフェで夢中になって執筆したり

バイクで夕日を見に行ったり

f:id:dreamswithlove:20170525163645j:plain

また牛のうんこを踏んづけたり

ヒマラヤ山脈の結婚式に行ったり

真夜中に50人以上のインド人と登山することになったり・・・

 

 

 

中でも面白かったのが

世界一カラフルなお祭りホーリー

(→Holy*ホーリー!!!3月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

そして波乱万丈のサンタナスタッフ!

(→サンタナ宿のスタッフ!3月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

そしてヒマラヤ山脈に家族が時のこと!

(→ヒマラヤ山脈の結婚式!4月)

dreamswithlove.hatenablog.com

 

 

旅をしながらも毎日毎日休むことなく続けている執筆への応援半端なかった。たくさんの人懐っこいインド人からいっぱい元気をもらって、いっぱい勇気ももらった。

 

f:id:dreamswithlove:20170415153432j:plain

 

インドでの3ヶ月間の生活を通して、ますますインドが好きになったし、人生が豊かになったし、執筆のヒントや人生を丸ごと楽しむ勇気をたくさんもらうことができた。そして何より、心がずっと元気で、自分のど真ん中を思いっきり生きる喜びを知った!!

f:id:dreamswithlove:20170417230334j:plain

 

 

 ジンベエザメ

帰国時には、フラ〜っと初めてのタイに寄って、フラ〜っとタオ島に行ってずっと怖くてできなかった、初ダイビングに挑戦

ジンベイ鮫に出迎えられるという奇跡!!!

f:id:dreamswithlove:20170524222003p:plain

そして、世界一周中にエジプトで出逢った同い年のなっちゃんと久々の再会!

f:id:dreamswithlove:20170524215123p:plain

念願のロングラックでは最高に楽しく飲んだ。笑

f:id:dreamswithlove:20170525163955j:plain

 

 日本へ帰国後

帰国後は、愛知と三重と大阪と兵庫と京都へ。3年前に始めた世界一周(地球2周半)の旅で出逢った、遊び心満載な旅人たちと恒例のキャンプ。

f:id:dreamswithlove:20170527160100j:plain

f:id:dreamswithlove:20170527160010j:plain

そして、思いがけず東京行きが被った、妹みたいなはるなとヒッチハイク。初めてのトラックに!優しいお兄さんの乗用車に!最後はまさかのオープンカーに揺られて東京へ!笑!本当に毎日が、奇跡みたいなサプライズばかりで感謝の連続*

f:id:dreamswithlove:20170525164059j:plain

東京のみんなとの再会も、嬉しかった。去年1年間住んでいた中野ハウスは、退去した今でも私の家みたいな感覚。みんな家族のように「おかえり!」って迎えてくれて、幸せ以外の何物でもない!!!!!世界中に、家族が増えていく。

f:id:dreamswithlove:20170525164541j:plain

りょうごくんのHOPE HOPEバーガーのお手伝いも楽しかった!いっぱい語れて最高に幸せで!!!

f:id:dreamswithlove:20170525164756j:plain

愛しの弟、わんたろうにも再開💓わんたろうと一緒に居られる嬉しさ半端ない。2人でいっぱいお散歩に行った。

f:id:dreamswithlove:20170525164446j:plain

砂時計の砂が落ちるように

少しずつ確実に短くなっていく

みんなとわたしの命の時間。

 

たくさんの命に出逢って

たくさんの喜びに触れて

同じ時を共に過ごせる幸せを

心の底から感じた。

 

今目の前にあるものも

今目の前にいる人たちも

今ここで生きている自分も

いつか全て、消えて無くなる。

 

だからこそ愛おしい今を

心にしっかり焼き付け続けて

思いっきり生きていく。

 

 

 沖縄へ

そして私、沖縄へ移住しました〜〜〜

那覇国際通り

生まれて初めて路上詩人デビュー!!!

昼間は執筆(ついに終盤)、夜は路上。

f:id:dreamswithlove:20170527165629j:plain

次は沖縄のお話*

 

 

 PS.タビイク

そして、今年の夏は、タビイクインドプランの引率をすることになりました!!

タビイクとは。

goo.gl

 LINE@で10000縁引き!

LINE Add Friend QR code

 

世界一カオスなインドの玄関デリーの宿でスタッフをするの巻

 インドビザ申請のお話

2017年2月、初めてインドに30日間のアライバルビザで来てから3週間・・・「いろいろ足りない!!」と思った私は2週間の日本滞在後、6ヶ月ビザをとりなおしてまたインドに来た。(ヤバイww)

 

日本でのビザ申請は早速カオスだった。インドビザ申請所にはあふれんばかりのビザ申請者たち。

 

スタッフ

「これ、ここが抜けてるのでやり直しね」

「書類が一つ足りないので出直してね」

「スペルが一つ違うから全部書き直しね」

「そこのパソコンは使用量1860円ね」

wifiなんて置いてないよ」

「写真の背景が暗いから撮り直しね」

「お釣りもうワタシマシタヨ!」←まだ

「#$%&*+>・・」←インドなまりの英語

 

申請者

パソコン使用料を支払って朝からずっと葛藤しているおじさんに、何度もやり直しを食らっている男子大学生。

 

お釣りの金額が違くて揉めている若いお姉さんに、インド帰国直後の頻回な下痢で何度もトイレに駆け込む私。

 

インドビザ申請所の館内や入り口付近だけではなく、近くのコンビニのコピー機の前や、wifiのあるカフェにはパソコンを抱えたビザ申請者たちでいっぱい。

 

そしてタイムリミットも刻々と迫り、みんな混乱し緊迫している様子。

 

私もやり直しをくらい、パソコンを抱えてカフェを探して猛ダッシュ!!

 

そのうち「なんで、私はまたインドに行くんだろうか・・」という謎の疑問に襲われ、少し憂鬱な気分になりながらもビザ申請無事終了(笑)。謎に厳しいインドビザ申請所、何だかビザ申請の段階から、もうインド旅が始まっているみたいだった!!

 

 

 インドの日本人宿、サンタナで働く!

日本で6ヶ月間の観光ビザを取り直し、どこへ行こうかな〜何しようかな〜とルンルン気分でデリーinした翌日、日本人宿サンタナの偉い人、フォクナさんに呼び出された。

 

「チョット、サンタナデ、スタッフシテミナイ?」

 

考える間もなく、なぜかフォクナ魔法にかかったように翌日からカウンターに立つことになった私は、そのままスタッフとして働くことに・・・(笑)。旅中からちょっと憧れていた宿のスタッフ!まさかインドで経験できるとは!

 

同じく魔法にかかった有名ブロガーのゆきんこさんと、インドの先輩たくとと、睡眠薬強盗で無一文になったとおるくんと、愉快なインド人スタッフ達との楽しいサンタナLifeが始まった♫

http://yukitabi55.vivian.jp/wp-content/uploads/2017/04/IMG_3364.jpg

 

インドの首都、デリー

=世界一カオスな国の玄関

 

日本人の旅人達は次から次へと尽きないトラブルを持ってきてくれて、それはそれは、日々宿にいるだけでも飽きないほど!!

f:id:dreamswithlove:20170510231723j:plain

 

睡眠薬強盗にあった

貴重品カバンが盗られた

スマホを盗まれた

パスポートを盗られた

数万円の高いツアーを組まされた

タクシーで大金をぼったくられた

列車を見つけられなくて乗り遅れた

変な薬を飲んだ

飛行機に乗り遅れた

事前予約のお客さんも行方不明

空港ピックアップの空港でも行方不明

・・・

 

f:id:dreamswithlove:20170417135939j:plain

でもこれ、ほとんど防げるトラブルたち!!

 

ツアーのぼったくりの多くは、

ツーリストオフィスにて騙される。

  

デリーの街を歩いていても、トゥクトゥクに乗っても、タクシーに乗っても、人力車に乗っても、どう移動してもツーリストオフィスへ向かうようにインド人たちに導かれるのがデリーの街!!ツーリストオフィスから脱出しても、また次のツーリストオフィスにたどり着く(笑)。一度ハマるとなかなか抜け出せない、

無限ループ!!

 

でも、ツーリストオフィスには入らなければいい。宿への行き方は事前に調べ、乗り物に乗るときは行き先と値段を事前交渉。交渉と違う事態が起きたら「違う」とはっきり主張する!

 

そして、なんとかツーリストオフィスから抜け出したと思ったら、宝石屋にたどり着いたり・・・(笑)。

 

「あなたの宿は今日はヤスミデス」「デリーは今日、デモでアブナイカラ、アグラニイッタホウガイイヨ」「チケットヒツヨウダヨ!」

 

そんな、お茶目なインドの玄関で、素直すぎる日本人たちは次々と騙される

f:id:dreamswithlove:20170415161555j:plain

 

《仲良くなりすぎた大学生男子2人組》

宿のフロントはシャワー室の真横。ふと横を見ると、大学生の男の子たちが2人で仲良くシャワー室から出てきた。「??!!?」と、混乱するスタッフの私たちは勇気を出して、声をかけてみた。どうやら2人は、今日、ツーリストオフィスで出逢って、早速ツーリストオフィスの無限ループにはまったという。無事に宿に辿り着いた頃には、まるで何かに勝ち抜いた戦友のように仲良しになっていて、そりゃあもう嬉しくて2人で一緒にシャワーまで浴びちゃったみたい。面白すぎる、インドマジック(笑)!!!

  

 

《ぼったくられる大学生男子2人組》

「やられました」

ちょっとひきつった表情で宿にチェックインしてきた男の子たちがいた。「どうしたの???」と聞くと、空港から宿に来る途中、デリーからアグラまでのタクシー代を5万ルピー(85000円)払わされた挙句、タクシーのトランクが開かないと言われ、さらに2万ルピー(35000円)払ったのだという。お金がなくなってタージマハルも見れずにデリーに帰ってきた。「なんでトランクにすらそんなに払っちゃうのー!」びっくりする私たちと苦笑いする男の子たち。(可哀想に、電車で行ったら往復数百円〜で行けるのに。。。)「もう出国までどこにも行きません!」断言していた2人だったが、アグラへの行き方を丁寧に伝えると、ちゃんとその後電車でリベンジを果たし、「タージマハル見れました!!」と、満面の笑みでたくましくなって帰ってきた!よく頑張った^^*

 

 

《入社式は間に合いたいっす》

3都市3万円のツアーにぼったくり宿、その宿に次々と1人ずつ送られて出逢った仲間で被害者の会を立ち上げていた大学生の男の子たち。そのうちの1人は、持ってきた財産をとられ、飛行機も逃したのだという。「送金してもらうんですが、安全なウエスタンユニオンはありますか?」インドに100%は存在しない。数時間後、「送金してもらったお金も盗まれそうになってビビりました。」と全力ダッシュで戻ってきたのか、汗だくになって帰ってきた。強盗の無限ループ!ハマらなくて本当によかった!

 

 

《友達が行方不明っす》

ある大学生は、列車を待っていた時、たまたま出逢ったインド人についていき、そのまま食事を共にし、睡眠薬強盗にあったという。目覚めた時には貴重品もカバンも無く、一緒にいた友達もいなくなっていて、お互いが無事かわからないまま旅をしているという。後から目撃者の情報で、お互いの無事を確認できていたが、なんともまあ!!!

 

 

《タイで旅の練習をしてきたので大丈夫っす》

自信満々に話す大学生たち。だが・・・数日後、「全然大丈夫じゃなかったっす!さすがインドっす!」と苦笑しながら帰ってきた。 

 

 

毎日毎日続くトラブル相談。

 

 

み、みんなぁ、大丈夫か〜?

特に旅慣れしていない大学生男子たち!

ぼーっとしてちゃあダメだってば!

知らない人についていかない!

知らない人からもらったものを食べない!

誰彼構わず信用しない!

簡単にお金を払わない!

事前に金額の目安を調べてから値段交渉!

 

 

「大丈夫かなー、ちょっとみんな、気をつけて!!私が親だったら危なっかしくて心配で居ても立っても居られないよー!!!」

 

一緒に働いていたゆきんこ姉さんは、もう毎日、彼らの親の気分になって、宿に来る大学生男子たちの心配をしていた!優しすTT♡

f:id:dreamswithlove:20170525174319j:plain

そんなゆきんこさんが愛情を込めて書いた、インドへの注意喚起のブログはこちら♡インドに行く方々必読です!!!!!

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち①〜 | ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち②〜 | ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち③〜 | ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち④〜 | ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

 

 

 インドって、本当はちょっと気をつければ、

ちょっとコツをつかめば

女の子でも楽しんで旅ができる国!!!

一人旅でも十分に、大きなトラブルなく楽しめちゃう国なんだ!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170614000750j:plain

⬆︎こーんなに可愛いラクダだっているし

f:id:dreamswithlove:20170614000946j:plain

⬆︎こーんなに可愛い親子だっている!!!

f:id:dreamswithlove:20170614001110j:plain

⬆︎こんなに素敵な街もあるし

f:id:dreamswithlove:20170614001239j:plain

⬆︎優しいママだっている♡

f:id:dreamswithlove:20170418044215j:plain

それに、困ったことがあったら

日本人宿サンタナを頼っていい!!

(デリー、プリー、コルカタバラナシ、大阪、京都にあるよ♫)

 

怖がるんじゃなくて警戒しすぎるんじゃなくて

インドを大好きになって帰ってほしいから

インドの旅の仕方を知ってほしいと思ったのでした。

 

f:id:dreamswithlove:20170525174700j:plain

デリーからバラナシに行った親子なんて、ものすごくキラキラした目で帰ってきた!!

 

バラナシは牛のうんこの数が比にならないくらいに多くて、もう、すごく良かったです!!!!いつか、今度は長期で来たいと思いました。」

 

日本での旅行後、こんなにキラキラした目で、こんなに素敵な感想を伝えてくれるお客さんは、いるのだろうか(笑)。インドではインド人のみならず、インドに来る旅人まで面白い人が多い!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170417161025j:plain

 PS.タビイク

インド旅のコツをつかむには、インドが好きな旅人と一緒に旅をする手もある!ということで、タビイクを使うという選択肢もあるよ!(2017年夏もタビイクインドプラン開催予定ー!!!!)

→詳細は

タビイク|旅の練習から始まるバックパッカー初心者向け旅企画


→LINE@に登録すると10000縁引き! 

LINE Add Friend QR code

コツを掴めばどこまでも楽しいインド旅!!

 

インドが大好きな人が

増えますように^0^*

 

 

 

 

  

インド、ヒマラヤ山脈の結婚式!泣き虫花嫁の笑顔を追いかけて*

  リシュケシュ

f:id:dreamswithlove:20170415153738j:plain

 

上流のガンジス川は、まだちょっと綺麗⭐️

そして、リシュケシュに着いてまず見つけたのは、ヨガよりも酒!!!

 

  

「サケ〜!カンパ〜イ!

   ダル〜!(ヒンディー語で酒)」

 

 

酒好きは酒好きを呼ぶ!?ということで、偶然にもお酒繋がりでこんなにひょうきんなインド人と仲良くなった!!笑

 

f:id:dreamswithlove:20170415153136j:plain

 

日中はカフェで執筆活動をして

夜にはガンジス川の畔で

フランス人・イスラエル人・インド人

みんなでウイスキー片手に語り合い。

 

  

月明かりで

キラキラ光る砂浜の上で薪。

 

f:id:dreamswithlove:20170415153222j:plain

 

スクーター3ケツで

夜の山道をドライブして・・

そんなゆる〜い毎日!

 

 

(あれっ、ヨガしてない。笑)

 

 

お酒がないと聞いていたのに

お酒に巡り合えるし

 

 

肉もないと聞いていたのに

牛肉並みに美味しいマトンの肉が

お酒のつまみで出てくるし

 

 

景色は綺麗だし自然豊かだし

ガンジス川もあるし、神様いっぱいいるしリシュケシュもさいっこう\(//∇//)\!!

f:id:dreamswithlove:20170417230334j:plain

 

そして

ヒマラヤ山脈の結婚式でも見に来るかい??」

 

 

仲良くなった、ヒマラヤ生まれのインド人(以下ロヒート)のいとこの結婚式に、連れて行ってもらうことになった。(※人を信頼するかしないか、最終判断は自己責任!)

 

 

  ヒマラヤ山脈の結婚式

朝から酒好きロヒートのつてを通してお酒をGETし、バイクでガンジス川に沿ってヒマラヤ山脈をドライブ!!

 

f:id:dreamswithlove:20170415155503j:plain

もう、最っ高に気持ちいい!

 

 

景色も綺麗だし晴天だし寒くないし

これから何が起こるか

さっぱりわからない

未知の世界への突入感!!

 

 

これぞ、!!これぞ、冒険!!!

 

 

 

砂利道も泥道も山道もコンクリート

インド人の手にかかれば、スクータは

どこへでも行ける最強の乗り物になる(笑)

 

f:id:dreamswithlove:20170415155817j:plain

 

山には草花もいっぱい。

薬草やスパイス、自然の恵みの宝庫。

自然豊かな山には人間が

生きるために必要な全てのものが揃っていた。

 

 

走ること約2時間

着いて早速、木陰に隠れてお酒タイム♡

(インドでは宗教上お酒はタブーとされている)

 

f:id:dreamswithlove:20170415160020j:plain

 

ワクワクしすぎて、

おでことほっぺと歯の間に

カレーが付きっぱでも気づかないほど!

 

 

そして、転がり落ちそうになりながら

急な山道をひたすら降りて会場へ。

 

 

山に住むインド人たちは急な山道も

機材や料理や赤ちゃんを片手に持って

難なく降りて行くから本当にすごい。

 

 

会場に入ると、やはり、、

部外者の私はみんなの注目の的。

 

 

図々しくも、ちょっと遠慮気味な笑顔で

「ナマステ〜^^♡」と言ってみると

みんな、”こいつは誰だ?”

っていう表情をしながらも、笑顔で

「ナマステ〜^^...」と返事をしてくれた。

 

f:id:dreamswithlove:20170415160628j:plain

 

真ん中に座っているのが花婿さん。10Rs(約20円)のお札で作った可愛らしい前掛け(?)をかけて花嫁さんを待っている。生涯お金に困らないようにっていう意味があるみたい。 可愛いらしい!!(笑)

 

近くにいたおじいちゃんはすぐに私の席を準備してくれて、誰も拒むことなく笑顔で私の存在を受け入れてくれた

 

f:id:dreamswithlove:20170415162303j:plain

 

なんて優しいんだ、インド人。

 

 

親戚中が集まる結婚式という場の中に無関係な外人が参加するなんて、日本ではありえないよね。

 

f:id:dreamswithlove:20170415160938j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415162856j:plain

 

図々しくお邪魔して、ごめんなさい♡(笑)。みんな集まって、演奏やダンス、昼食のカレーに、お祈りに、歓談。

 

f:id:dreamswithlove:20170415162453j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415162713j:plain

 

そして

 

花嫁さんと花婿さんをつなぐ儀式が始まる。

 

f:id:dreamswithlove:20170415161402j:plain

 

真ん中に神父さん的な人が

神棚みたいなものを準備して

その周りを参拝しながら

7周くらい歩くという。

(説明が雑でごめんなさい!笑)

 

 

ゆっくり時間をかけてこの儀式を行い

その間にみんなはその様子を見たり

隣でダンズをしたり、自由な様子!

 

f:id:dreamswithlove:20170415161136j:plain

 

山の結婚式は、街での結婚式と違って、食べ物や装飾にあまり重点を置いてはいない。主に、この『結婚の儀式』が目的。

 

親戚中の子ども達は、私が手でカレーを食べるのをずっと見つめたり、何かするたび笑ったり手伝おうとしてくれたり逃げていったり・・

 

f:id:dreamswithlove:20170415163117j:plain

 

そんなやり取りを通して仲良くなり、

あっという間にこの表情。

 

f:id:dreamswithlove:20170415161555j:plain

 

みんな人懐っこくて

本当にもう、可愛すぎるっ!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170415163343j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415163520j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415164920j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415161826j:plain

 

周りのみんなが穏やかに結婚式を楽しむ中

可愛らしい花嫁さんの表情は

ずっと曇ったままだった。

 

 

笑顔が一瞬も見られない

 

 

花嫁さんと花婿さんは2人とも23歳。山の学校で出逢い、お互い愛し合って、みんなの合意のもと結婚を決めたというのに、なんだか悲しそう

 

 

儀式が終わり、ひと段落つくと、別室に移動。花嫁さんの友達や家族や親戚がお金を持って、まるで永遠の別れのように大号泣しながら花嫁さんを取り囲んだ。

 

 

そして

花嫁さんもついに大号泣

 

f:id:dreamswithlove:20170415164313j:plain

 

その間も、男達の楽しく賑やかな

音楽とダンスが続き・・

 

 

すると、そこに突然

が登場し、

続いて、人が一人入れるほどの

可愛いお神輿が登場した。

 

 

 

そして、

「いやダーーーー泣泣泣泣!!!!」

泣きじゃくって

全身で抵抗する花嫁さんを

男性軍が無理やり抱きかかえ

 

 

無理やり

可愛いお神輿の中に突っ込んだ。

 

f:id:dreamswithlove:20170415164541j:plain

 

む、無理やり・・・

 

 

そう、無理やり・・・(笑)

 

 

そのままお神輿は担がれて

なだらかな山道を通り

花嫁さん、退場。

 

 

そして花婿さんは馬に乗り

花嫁さんの後に続いて退場。

 

 

会場に残された花嫁さんの家族や友達は

泣きながら退場を最後まで見守って

結婚式が終わる。

 

f:id:dreamswithlove:20170415165546j:plain

 

花嫁さんはそのまま号泣しながら車に乗せられて、花婿さんの家を目指す。残された人たちも次々とバスに乗り、一緒に花婿さんの家を目指す。

 

今夜はみんなで花嫁さんを花婿さんの家へ送り届け、最後に盛大なパーティーを開くと言う。

 

 山の結婚式は、式が終わると花嫁さんは花婿さんの家に嫁ぐため実家には滅多に帰れなくなる。実家は、山々を挟んだ遥か遠くだから。

 

 

実家に帰るのに車もバイクも持っていなければ、街から数時間かけて迎えを呼ばなければならない。wifiもないし、ポストもない。唯一の連絡手段は、電波の不安定な電話。

 

f:id:dreamswithlove:20170415200846j:plain

 

寂しかったんだね・・・

 

 

結婚は幸せだけど

大好きな家族や友達とはもう

なかなか会えなくなる

 

 

山での結婚にはそんな複雑な心境が

入り混じっていた

 

 

みんな、その複雑さも葛藤も理解して

受け入れ合おうとしているようだった。

  

 

花嫁さんの表情が気になった私は

ロヒートのスクーターの後ろに乗って

夜道をジェットコースターのように走り抜け

花婿さんの家を目指した。

 

 

  ジャングルでもらったギフト 

結婚式後、歌を歌いながら夜道のスクーターを楽しみ、1時間ほど走って神社みたいなところに行き、最後の儀式を見届けた後・・・

 

みんな「婿の家まで歩くよ〜!」って。

わたし「どこを目指すの〜?」って聞くと

 

山の頂上の遥か遠くの明かりを指差すではないか。

 

 「え?!あそこまで歩いて行くの?!!」

と、仰天する私にみんなは笑う。

しかも、今は20時半。

 

 

日はとっくに沈み

月はまだ登っていない。

携帯の充電は切れて

懐中電灯もない真っ暗闇。

 

 

何も見えないのに足場は悪く

じゃりや土や草の他に

インドではお馴染みの

牛やロバや馬やその他動物の

うんこまでたくさん落ちている

更に私はビーチサンダル。

 

 

でも今はまず

うんこを気にしている場合ではない

と判断した私は

頭の中からうんこの存在を抹殺!!!

 

 

今日中に宿に帰るとかいろんなことを諦めて

 暗闇の中、50人以上のインド人達とともに

なぜか、突然の登山スタート!!!

 

 

花婿の家、遠すぎるw

 

 

険しい道の中

インド人たちは強い。

 

 

花嫁さんが乗った神輿を担いで

伝統音楽を演奏しながら

赤ちゃんを片手に持って

女の人は伝統衣装のサリーや

少しヒールのあるサンダルを履いて

小学校低学年の子も文句も言わずに

みんなスタスタと登山していく。

 

 

そして、トイレに行きたくなった私は

世界最高レベルに素晴らしい

トイレスポット新発見!!!

 

 

みんなと歩いて来た道を少し戻り

暗闇の中トイレができそうな場所を探していると

蛍の光がどこまでも広がっていた。

 

 

蛍の光に囲まれながらの

!!!

 

 

それは見事に

私の世界トイレスポットランキング上位3位

ランクインするくらいの光景で!!!!

すごくきれいだった。 

 

 

(ちなみにまりこの世界トイレランキング⬇️ )

1位、南米パタゴニア

 →フィッツロイ山の頂上で朝日を見ながら

2位、モロッコ・インド・エジプトの砂漠

 →満天の星空を見ながら

3位、インドのヒマラヤ山脈

 →ホタルの光に囲まれながら

4位、モンゴルの大草原

 →どこまでも広がる広大な大地の上で

5位、メキシコのヤシの木で作られたトイレ

 →ドアが崩壊中で、ホタルも流れ星も見えた

 (世界中で、ごめんなさいw)

 

 

暗闇での休憩地点には

先頭集団のインド人達が置き忘れていった

大切な神聖な儀式に使う小道具を発見

(肝心なところが抜けているのもインド人の可愛いところ)

 

 

「こんな大切なものを忘れていったら

 バチがあたるぞー!笑」

一緒に歩いていたインド人達と笑いながら回収し

 

 

歩くこと3時間半

足場の悪すぎる道ではさりげなく

インド人のおじちゃん達が後ろから

慣れない私の足元をライトで照らしてくれて

ずっこけそうになったら「Ohhhhhh!!!」

とか言いながら支えてくれて

 

インド人の優しさに

ますますインドが好きになった

 

 

誰かが道端に忘れていってくれた

魔法使いみたいな杖を使って

おばあさんのように歩く私は

みんなに爆笑されながら

無事にほぼ山の頂上まで到着!!!

標高でいうと1300mくらい登った。

 

 

そしてまた、なにやら神聖な儀式を行って

(相変わらず、お札でできた前掛けが可愛い笑)

f:id:dreamswithlove:20170415203841j:plain

 

そのままインド人たちは夜通しで演奏しながら

ダンスパーティー!!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170415203438j:plain

 

 

どこまで

なんだ!!!!

 

 

私は・・・すっかりノックアウト

 

 

「もう眠くてダメだー」と言うと

優しいおばちゃん達が笑いながら

疲れ果てた私にベッドのスペースをよけて

みんなとても入りきれないくらい狭いのに

「ここで寝なさい!」って、

当たり前のように場所をくれた

 

 

誰も文句なんて言わない

誰も非常識だなんて怒らない

そもそも常識すらないのかもしれない

寛大で優しいインド人・・

 

 

満員電車でも、満員バスでも

満員のトゥクトゥクでも

どこでも無理やり乗ってくるインド人達に

困ったこともあったけど

困っていると必ず助けてくれた

 

 

電車がわからない時も

目的地の場所がわからない時も

お金がなくて困った時も

具合が悪くなった時も

迷子になった時も・・・

 

 

階段から転げ落ちようものなら

みんなすぐに飛んできて

心配しながら起こしてくれる。笑

 

 

そこに大きな感謝も求めない。

お互い当たり前のように助け合うから

あったかい。

 

 

インド人の優しさにすっかり甘えた私は

インド人の子ども達に紛れて

爆音でダンスの音楽が鳴り響く中

そのまま朝までぐっすり、寝たのでした・・

  

 

家族のように可愛がってくれたおばちゃんに

優しい親戚のみんな 

f:id:dreamswithlove:20170415181903j:plain

 

気づくとみんなは私を家族の一員のように

温かく見守ってくれていて

 

f:id:dreamswithlove:20170415182152j:plain

 

ヒンディー語しか話さないみんなとは言葉でコミュニケーションをとるのは難しかったけど、「みんなの目を見て微笑む」を繰り返していたら、いつの間にか距離は縮んでいた。

 

f:id:dreamswithlove:20170415210819j:plain

f:id:dreamswithlove:20170415211115j:plain

 

そして、昨日泣いていた花嫁さんは、今日は少し穏やかな表情をしていた。

 

ひょこっと私の隣に座ってくれた花嫁さんに、慣れないヒンディー語「すごくすごく可愛いね!!!!」って言ったら、「ありがとう。」って、また表情が柔らかくなって・・・「笑って〜〜〜!!!」ってテンション高めで思いっきり笑いかけたら、ついに、笑ってくれた!笑

f:id:dreamswithlove:20170415175755j:plain

 

やっとやっと、笑った!!!!

 

笑った笑顔はますます可愛くて、ずっきゅん💓

 

昨日あんなに泣いていたから、心配だったよー

 

「そう、その表情、本当に可愛いよ!!おめでとう!!」って、思わずますます褒めちゃったら、恥ずかしそうに、でも、嬉しそうにまた笑ってくれた。

 

f:id:dreamswithlove:20170415175237j:plain

 

そして、私の拙いヒンディー語

「幸せにね!」って言ったら

 

 

思いっきりうなずいて、

嬉しそうに、また笑ってくれて

ありがとうって。

 

 

心が、触れ合ったって思った。

 

 

「来てくれてありがとう」

「ここに居させてくれてありがとう」

 

 

彼女と私のありがとうが重なって、また笑った。

 

 

「come back(また来てね)」

 

 

英語が話せない彼女が私の手をぎゅっと握って、初めて英語で、うっすらと涙を浮かべながら伝えてくれた言葉が、すごくすごく、嬉しかった。

 

 

そして、ぎゅーっってハグをしてバイバイした。

 

 

インド人のおばちゃん達も「遠いところからよく来たねぇ、来てくれてありがとうね。」って、まるで家族のように私をぎゅっと抱きしめてくれた。

  

f:id:dreamswithlove:20170415181250j:plain

 

ヒマラヤ山脈の山奥に嫁いだ

可愛い彼女が抱えていた寂しさも

笑顔も、幸せな気持ちも

全部素敵で、温かかった。

 

 

国境も言葉も人生も、

何もかもを越えて繋がれるもの

それはやっぱり「笑顔」だ。

 

 

家族ができた感覚が嬉しくて

みんなの笑顔が嬉しくて

温かい心が嬉しくて

心が喜ぶとんでもないギフトを

もらったみたいだった。

 

 

ひょんなきっかけで参加をした結婚式で

たくさんのインド人達からたくさんの

「優しさ」や「笑顔」は

私の人生をますます輝かせてくれた。

 

f:id:dreamswithlove:20170510230500j:plain

 

2時間半程かけて足元の悪い道を下山しながら、生きているっていう喜びをかみしめた!

 

f:id:dreamswithlove:20170417225947j:plain

そして、汗だくになった私たちは

ガンジス川でバタフライと平泳ぎをして

リシュケシュの街へと戻ったのでした* 

f:id:dreamswithlove:20170503031134j:plain

(あれ、結局リシュケシュでヨガしてない笑)

世界一カオスなインドのお祭り!Holyの最激戦区へ挑む!

 何かが「やばい」

インドには年に1度、3月に

春の訪れを祝うHoly(ホーリー)

というお祭りがある。 

f:id:dreamswithlove:20170503220000j:plain

 

そのホーリーを全力で体験するために

ホーリーの最激戦区へ行ってみた!!

 


ホーリーが最も盛り上がると言われるクリシュナの聖地「ブリンダバン「マトゥーラ」。首都のデリーからマトゥーラまでは列車で3時間程度。(私たちはジェネラルクラスで片道235Rs。宿の確保はできれば早めに予約がベスト!)

 

 

ホーリーに行くに当たって事前に習得していた情報は2つ。

 

 

・インドのホーリーはガチでやばい
・宿から外出禁止令が出るほどやばい地域もある

 

 


何かがかなり、やばいらしい。

 

 

 

で、何がやばいんだ?!?

 

 

 

その謎を解きにいざ出撃ッツ!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170503220705j:plain

 Happy Holy???

 

ホーリー祭の数日前から街にはカラフルな粉が並び

ホーリー祭の聖地にはあらゆるところから

ホーリーを盛大に祝いたい巡礼者や現地人や

好奇心旺盛な旅人が集まる。

 

f:id:dreamswithlove:20170503220328j:plain


私たちも早速トゥクトゥクに乗って

最激戦区へ向かう

 

f:id:dreamswithlove:20170503220118j:plain


約1時間程度の道のりの間では容赦なく
あらゆる方向から攻撃を受け……

 

f:id:dreamswithlove:20170503220236j:plain

 

トゥクトゥクドライバーまで巻き添いに!

 

f:id:dreamswithlove:20170503220152j:plain

f:id:dreamswithlove:20170515153406j:plain


色とりどりの粉の容赦のない掛け合い
息継ぎの間もなく次から次へと降りかかる粉

 


「粉で死ぬんじゃないか」

 

 

という心境を、初めて味わった。

 

f:id:dreamswithlove:20170503220533j:plain


反撃のために大量の粉を購入し

こちらも負けずに全力で反撃!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170503220809j:plain

 

耳や鼻、そしてついに

涙腺まで粉で詰まった頃

やっと戦場へとたどり着いた

 

f:id:dreamswithlove:20170503220505j:plain

 

メイン通りの道には
牛のうんこを干してつくられた
可愛いうんこのモニュメントが立っていた。

 

f:id:dreamswithlove:20170503220844j:plain

 

そして道端では、可愛い女性が笑顔で

うんこの準備をしている。

 

f:id:dreamswithlove:20170503220912j:plain

 

道は、いつも通り牛や馬やイノシシや豚の
出したてほやほやのうんぴに加え
粉や水も全てが混ざってぐっちゃぐちゃ!!

 

いつもならうんぴに注意して歩く道路も
今日はうんぴどころではない。

 

f:id:dreamswithlove:20170503220956j:plain


容赦なく複数のインド人に顔面に塗りたぐられると、容赦なく飛んでくる大量の泡スプレーと、容赦なく上から降ってくるカラフルなバケツ水と、容赦なく触られる胸やお尻や脇や全身必死に回避し、前に進むので精一杯!!!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170503221104j:plain


「タイム!」「降参!」なんて通用しない。

 

f:id:dreamswithlove:20170515162445j:plain

 

 牛まで

 

f:id:dreamswithlove:20170503221137j:plain


単純にホーリーを楽しんでいる人が多い中

私みたいな外人の女の子は格好の的

一部のインド人たちの

日ごろの鬱憤晴らしも容赦がない。

 

f:id:dreamswithlove:20170515152532j:plain

 

ある通りでは「Happy Holy!!」

目や口にまで粉を塗りたくりながら

全身触りたい放題の集団リンチ。

「やばい」の意味がやっとわかった。

 


そして、容赦なくかけられる悪質なバケツ水。

 


「Holyって触りたい放題触っていいお祭りなの??」
「私だけじゃなくて他の人にも水かけろや!!!」
そもそも何が、Happy Holyなんだっけ・・??」
「全然Happyじゃないんですけど、ふざけんな!!」

 


という疑問が深まったところで一休み。

 

 

セクハラの何が嫌かって

人としてみてもらえていないこと。

おっぱいやお尻としてしか見られないこと。

 


みんな平等なはずの、ホーリーなのに!!!

 

 

f:id:dreamswithlove:20170515151250j:plain

 

でも・・・

寺院の中や外では、みんな笑っていた。

 

f:id:dreamswithlove:20170515151446j:plain

 

はしゃぎ疲れて休んでいるインド人

踊り狂っているインド人

神様の前で盛大に祈りを捧げている人

 

f:id:dreamswithlove:20170515151547j:plain

 

誰もがカラフルな色に染まりながら

老若男女問わずに大騒ぎ。

 

f:id:dreamswithlove:20170515151643j:plain

 

可愛い子ども達も
世界一のクソ悪ガキも
頭のおかしいおじさんも
穏やかな家族連れも
図太いおばちゃんも
パワフルな兄ちゃんも
日本人の私も友達も

 

f:id:dreamswithlove:20170515151851j:plain

 

優しい笑顔も楽しい瞬間も

容赦なく心に響き渡った。

 

気づけば眉毛まで繋がった。

 

f:id:dreamswithlove:20170515161322j:plain

 

道を歩けば屋上から子ども達が

満面の笑みで水をばらまく。

 

f:id:dreamswithlove:20170515151717j:plain

 

響き渡る音楽に、舞い上がる粉。

 

f:id:dreamswithlove:20170515152228j:plain

f:id:dreamswithlove:20170515161446j:plain

 

複雑な感情も、楽しさも

悲しさも、寂しさも、面白さも

赤も、黄色も、緑も、青も、紫も

インド人も私も大人も子どもも

優しさも悪意も善意も

地位も階級も年齢も経歴も

うんぴも牛も犬も猪も豚も人間も

 

f:id:dreamswithlove:20170515153117j:plain

 

何もかもが何の関係もなく

全部混ざり合って

ぐっちゃぐちゃになって

もう何が何だか訳のわからない

不思議な感情がぐるぐる回る!!

 

f:id:dreamswithlove:20170515161930j:plain

 


そして、ついに・・・

 

 

 

パーーーーン!!

 

 


Holy is overrrrrr!!
Next Yearーーーー!!!

 

 

終了のピストル音と
ちょっとお腹の出たおじさんの合図で

 


このカオスな世界にも
終わりの時がやってきた。

 

 

一気に静かになる会場
一気に人がはけていく街
一気に戻るみんなの服装

 


カラフルな牛とカラフルな街を残して
また、”普通”の日常が始まる。

 


帰り道で牛糞が溶けたような下水を
頭からかけられたのを最後に
私のホーリーにも終わりが来た。

 

f:id:dreamswithlove:20170515162320j:plain

 

もはや何が無事なんだかさっぱりわからない無事な生還を祝い、ともに闘った戦士たちと飲むビールもチャイもあったかくて、楽しくて、感謝で、涙が出そうになった。

 

f:id:dreamswithlove:20170515153024j:plain

 

カオスな世界で感じた複雑な感情は、一夜明け、平和な朝の光とともに少しずつ溶けていった・・・

 

f:id:dreamswithlove:20170515152953j:plain


こんな世界もある
こんな人たちもいる
こんなこともある

 

 

幅広いインドの、幅広い価値観と

幅広い人間と、幅広い世界の

ほんの一部の新しい側面

また触れられたような気がした!

 

 

容赦なくDEEPな過激さを体験させてくれた

Holyに、私は参加して良かったと思う!

 

 

f:id:dreamswithlove:20170515163352j:plain

 

 Holyにくる世界中の女の子達へ

 「やばい」の意味が

わかった今なら言える。

 

 

最激戦地区には

女子一人で行っちゃダメだ!!!

女子二人でも三人でも危ない。

 

  

ダンディな男子が女子の2倍以上いても必ず触られるし、Tシャツに手まで突っ込まれて乳まで揉まれるここではレイプなんて普通に起こり得るお祭り騒ぎの中の誘拐なんて誰も気づかない。理性を忘れた歯止めの効かないバカヤロウな奴らもたくさんいる。大人数すぎても必ずはぐれる。

 

 


でもね・・・これは地域にもよる!
村に行けば、村から村へ歩きながら地元の人たちと触れ合える平和なホーリーを体験できる場所もあるし、プリーに行けば日本人みんなで安全に楽しくやるHolyもある。

 

 


何を選ぶか、どこを選ぶかで

体験できることがまるで違う!

 

 

それでも最激戦地区に行くならば、タイパンにTシャツは危険。せめて後ろからの見た目だけでもインド人女性に見えるように、インディアン衣装を着ていくべし。そしてサングラスで目を覆うべし!!自分の身は各自極力自分で守るべし(守りきれないけど)!!!いざという時に守ってくれる男の子達と行くべし!!!

 

  

女の子として行くならば、絶対にオススメはしない。普通の女の子は耐えられない。でも、旅人として行くならばこの世界を思いっきり冒険しながら生きてみたい旅人にはにはオススメする。うまく言えないけれど、この違い、わりと重要!!

 

f:id:dreamswithlove:20170515172147j:plain

 

普段のインドはもっと

女の子にも優しいよ〜〜!!

 

 

そうだ、インドへ行こう!タビイクな理由、インド編*

 タビイクとは

みなさんタビイクって知っていますか?

 

これは

「みんなで旅をしながら

 旅の失敗も喜びも思いっきり経験しながら

 一人旅のノウハウを学ぼう!」

というとっても素敵な企画。

  

 

 

目的は「一人旅ができるようになる」こと。

 

 

 

「旅って何?」「旅ってどうやってするの?」

そんな疑問を抱えつつ

 

 

 

「みんなで踏み出す一歩って、楽しそう!!!」

そんなワクワクで集まった仲間と始める旅は

 

 

 

一人旅のノウハウ習得どころか、

人生の財産になること間違いなし!!!!

 

 

 

旅への「怖い」や「わからない」を

手探りで「面白い」に変えていく作業を

最初から全部一人でするには、リスクもあるし

時間もかかるし、度胸もいる。

 

 

 

そんな時間も経験も、

一人旅の良さだったりもするんだけど・・・

 

 

 

タビイクでは、みんなで一緒に越えて行けるから

面白い」に辿り着くまでが圧倒的に短く

その過程すら圧倒的に楽しいんだ!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170416223117j:plain

(写真:インドをまたにかけてともに全力で遊んだ仲間たち!!)

 

 

これは3年前、私が実際に、そこいら中で泣いてたダメダメバックパッカーだった経験があるからこそ、言えることでもあるのかな。笑

 

 

 

現地集合、現地解散なので、解散後は帰国したっていいし、そのまま縛られることなく自由に旅もできる!!

 

https://goo.gl/GpOr3s

 

  

今回は

タビイクインドならではのとびっきりの面白さと

Deepな体験があるので

以下、勝手にレポートしまーす^^!!!

  

 

 (私、世界一周終わったけど

インド怖くて行けてなかったのと

タビイク面白そうだったから、参加してみた!笑)

 

f:id:dreamswithlove:20170417040158j:plain

 ということで……!!!

 

 

 

さあ、行くよ!!

あの、インドへ!!!

 

 

 タビイク、インド編!!

f:id:dreamswithlove:20170417042250j:plain

(※これはあくまでインドプランの一例!時期、参加者、引率者、現地でのハプニング、様々な要因によってルートもプランも大幅に変わる。なのでこの記事は、参考程度にどうぞ♫)

 

 

 

(2017.2.2集合組)

1日目

 

【インドの大地で、リアル謎解きゲーム!】

到着便によっては「空港泊」という

第一関門を突破し翌朝ついに

インドな世界へー!!!

 

 

これから共にインドを全力で遊び尽くす

仲間と引率者と合流し、自己紹介が終わったら

はい、謎解きゲームの始まり始まり〜!!!

 

 

(さっそく人懐っこいインド人達と記念写真)

f:id:dreamswithlove:20170416233631j:plain

 

今回のフィールドは、インドの大地!!

導き人は、リアルインド人!!

 

 

地球の歩き方スマホも地図も鞄に封印したら

引率者から目的地とそのヒントが掲げられる。

 

  

引率者:

『今から「〇〇〇〇(目的地)」に向かいます!ヒントは、「△△△△」!!!みんなで協力して、目的地を見つけ出そう!』

 

 

さあ、どうする?

どこへ向かう?

 

  

交通手段や乗り場はどうやって見つける?

  

 

頼れるのは「自分」「仲間」

「目の前に転がっているたくさんのヒント」

 

 

何を信じて、何を疑う?

 

f:id:dreamswithlove:20170416234542j:plain

 

後ろからちゃんと、インド旅経験のある引率者が見守ってくれているから、普通に一人で旅するよりも断トツの安心感!!

  

引率者も仲間もいる今のうちに、思いっきり間違って思いっきりインドの良い面も悪い面も経験しておこう!!

 

f:id:dreamswithlove:20170417000230j:plain

 

ということで、さっそく案内人のインド人に騙された私たち。普通に行くよりも5倍くらいの時間をかけてデリーの街を彷徨った!笑

    

でもね、最短距離で最短時間で行くのが正解ってわけじゃない。

 

寄り道したから、遠回りしたから、迷ったからこそ見える景色も、出逢える人も、体験できることもたくさんあるんだ。

 

  

全部が正解。

  

正解を決めるのはいつだって自分自身。

  

だから旅って面白い!!!

 

まるで人生、そのものなんだもん!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170417002208j:plain

(写真byともえ)

 

そうやって到着した目的地。地図も地球の歩き方スマホGPSも無くたって、ちゃんと辿り着けるんだ!!!

  

この先、例えバックパックやスマホがなくなったとしても、安心だね(笑)。この経験は早速、一人旅への財産になった。

 

f:id:dreamswithlove:20170417001934j:plain

インドはチャイが安くて美味しい!一杯10Rs(≒17円)。でも、夏には冷たいラッシー(飲むヨーグルトのもっと美味しいやつ)が最高!一杯20~80Rs。

  

インドでの謎解きゲームが面白い訳 :1

①デリーでは油断するとすぐに「とある場所」へ連れて行かれる。そして多額を騙し取られたり、予定外の街へ行かされたり。他の国ではそこは旅人の良き味方でもあるから本当に紛らわしい!

騙そうとする人、ぼったくろうとする人がインドの出入り口となっているデリーには、他の国よりも桁違いに多い。(手口も、人の心理をついてくる実に巧妙なもの。)「知らない」ことを悪気も無く「適当に」答えるのもインド人の可愛い癖。正しい情報を見分けるまでには時間を要する。「宿は休みだ」「デリーは危険だ」「これがベストプランだ」「今日は祭日だ」「チケットがいる」・・嘘もいっぱい。

 

➡︎空港から宿まで、一般旅行客の多くの人が辿り着けず、どこかの街へと導かれていなくなってしまうほど。宿の事前予約者の中でも高確率で行方不明者が出る。笑

 

➡︎人はどんな風に騙されていくのか・・そんな本物のカオスなフィールドを、最小限のリスクで楽しみながら経験できるのは本当に面白い

 

 まるで、魔法にかかったように次から次へと多くの日本人が騙されていくインドの窓口デリー。そんな世界最強の窓口を、タビイクみんなでぶったぎる!!!!!

 

 他の国じゃあまりこんな体験はできないんじゃないかな。これは、インドを知っている引率者のいるタビイク×インドならでは(笑)

 

f:id:dreamswithlove:20170417221326j:plain

⬆︎デリーの美味しいラッシー屋さん

 

 

 【列車チケット】

さあ、無事に宿に到着して一息ついたら

この先に使う列車のチケットを取りに駅へ!!

  

 インドの列車はクラスがまるで階級のように分かれている。お金を払えば上級クラスのシートに乗れてクーラーも食事も付いている。

 

 主に1A、2A、3A、SLと値段の高い順に4段階に分かれており、更にその下に、格安で乗れるジェネラルクラスというのがある。

 

この、ジェネラルクラス、

    超カオス!!!!

 

これこそ、最初から一人旅だったら私は怖くて絶対に乗れない自信がある。

 

だって、だって・・・

 

列車の中の見た目はまるで、スラム街が凝縮されたようなものなんだもん。

 

でも、一人じゃ絶対できなかったことも、みんなと一緒なら経験出来ちゃうこともあるんだ!!!笑

  

そして私たちは、タージマハルのあるアグラへ行きは3A・帰りはジェネラル、その後に行くジャイサルメールという街にはSLと3Aに分かれて行くことにした。

 

 

 【3人・4人旅】

早速メンバー半分に分かれてバザールの中を探検!!

 

可愛い洋服に不思議な食べ物に、

インドで初めての値段交渉に・・

  

あっという間に時間が過ぎた^^*

f:id:dreamswithlove:20170417013756j:plain

⬆︎右端が我らの引率者、たくと!!

f:id:dreamswithlove:20170417013916j:plain

 

 

【夜の宴】

夜はみんなでお酒やジュースを片手に自己紹介や今日の振り返りやフリートーク。早速、自由行動中にぼったくられたメンバーもいたが、みんなで体験をシェアし、後はみんなで知恵を出し合って、笑いに変えてしまう!

 

いつだって、物事は捉えようだからね!

 

(※1日目、私のグループはこんな感じでしたが、その場の流れと状況によっては全然違うことをしたりもするよ。どこかのグループは、列車のチケットも取らずに偶然スカウトされた映画出演を果たしてたっけ!笑)

 

 ⬇︎夜の宴、店を出た後の締めは屋台飯

   美味しいヌードル♫

f:id:dreamswithlove:20170417220844j:plain

 

  

2日目

 【宿探し】

デリーには様々なタイプの宿がたくさん!!

バックパッカー的な安宿もたくさんあるし

ホテルみたいな綺麗な宿も日本より安い。

早速、男女に分かれて宿探し。

イムリミットは約30分!!!

宿の確保は一人旅においても重要なスキル。

f:id:dreamswithlove:20170417130134j:plain

 

【3人旅】

メトロやバスやトゥクトゥクや人力車や・・

インドのデリーの街には様々な乗り物がある。

片っぱしからトライしていくのも面白い!!

 

f:id:dreamswithlove:20170417130306j:plain

私たちは、メトロに乗って

世界遺産と言われる遺跡を目指した!!

郊外に出るだけで、人も空気もどんどん変わった。

f:id:dreamswithlove:20170417015156j:plain

突如現れる大きな塔!!!

クトゥクブミナール!!

 

ここでは遺跡を楽しみながら・・

「あれ、インド人って人懐っこくて可愛いな」

インド人たちと絡む方が楽しくなってきた

f:id:dreamswithlove:20170417015748j:plain

⬆︎むさっくるしい記念写真(笑)

f:id:dreamswithlove:20170417043514j:plain

 ⬆︎可愛い家族!!

f:id:dreamswithlove:20170417043912j:plain

⬆︎おばさまたちと(笑)

 

インド人たちは写真好き!!

 

そしてトゥクトゥクを乗り回して

サケットモールへ。

f:id:dreamswithlove:20170417043709j:plain

Bigなショッピングセンターに大興奮!!

インディアン衣装や可愛い洋服も売ってる!!

そうしてスタートした、女子の買い物!!笑

 

 「ヤバイヨヤバイヨーーー!!!」

「これも可愛いしあれも可愛い!!!」

「明日タージマハルにこれ着てこうよ!!!」

「きゃーこっちもやばい〜!!!」

 

 そうしてあれよあれよと言う間に時間は経ち・・・

集合時間を大幅にオーバー。。。

 

 まだ2日目なのに!!!

お、恐るべし、女子の買い物。

  

 「おっちゃん、とにかく急いで!!!」

「きゃー早い、ぶつかったら死ぬぅぅぅ!!」

って、夜道をトゥクトゥクで大爆走!!!

本気になれば値段交渉もお手のもの。

 

 メトロでのセクハラも完全無視!!!

 

昨日あれだけ騙された客引きも

ぼったくり屋も、デマ流しジジイも

 

とうせんぼおじさんも、チケットおじさんも

耳かき兄さんも、可哀想なおばさんも

 

 旅行者取りかこみグル団体も、アイス屋さんも

怪しげなおかまも、牛も犬もロバも・・

(いろんなのがいる笑)

 

 みーんな無視して

夜中にデリーを全力疾走!!!!

 

昨日よりだいぶ強くなった私たちは

見違えるようなスピードで

集合場所にたどり着いたのでした!

 

 【夜の宴】

今日の出来事をみんなでシェア。それぞれ5倍くらい話を盛って話し、大爆笑!!他のグループの体験も聞けるから、1日にしていろんな情報が入手できる

  

美味しい食べ物やまずい食べ物、値段の目安、交通手段、面白そうな観光地。

 

旅を通しての人との出逢いは、過去も経歴も年齢も職業も社会人も学生も関係ない。

  

みんなフラットに、人と人として出逢えるから距離が縮むのが早いんだ。ここでは過去も肩書きも関係ない。安心して「本音」をさらけ出していいんだよ。

 

f:id:dreamswithlove:20170417130835j:plain

 

 

3日目

 【アグラへ往復】

集合日初日から「あのね、マハルがね・・、マハルにね・・」とタージマハルをまるで友達のように愛する世界遺産マニアのたいきの期待をよそに、前日深夜まで洗濯やシャワー騒動で夜更かししていた私たちは、、

 

 

なんと、寝坊!!!笑

 

 

急いで準備をし、昨日に引き続き

早朝のデリーを全力疾走!!

 

 

無事に駅でみんなと合流し

列車やオートリキシャやタクシーを乗り継ぎ

ついに、タージマハルとご対面♫

f:id:dreamswithlove:20170417140158j:plain

 

そして帰りは

人混みをかき分けてチケットを入手し

 

f:id:dreamswithlove:20170417141231j:plain

 

念願の(?)ジェネラルクラスへ!!!

 

 「え、こ、ここに乗るの・・?!!?!」

 と戸惑う間もなく

 

 

「さあ行くよ!!!」という

たくましい合図のもと、みんなで

ついに列車に飛び乗った!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170417135939j:plain

この中がいかにカオスかって、

それは実際にインドに来て

体験してみよう!!笑

 

 

f:id:dreamswithlove:20170417141748j:plain

(写真byりな)

 

でもね、こんな中

私たちは涙が出るような温かい体験をした。

 

初めての列車に戸惑う私たちを心配したインド人達は、自分のチケットを捨ててまで一緒の列車に乗りボディーガードをしてくれたり、おやつやチャイを買ってくれたり、席を空けてくれたり。

 

 

そこに、何の利益も求めずに

GIVE and GIVEをしてくれたんだ。

 

 

「ありがとうはいらないよ。

 私たちはもともと、みんな一つだから。

 助け合うのは、当たり前。」

 

 

そして、その他の同じ列車に乗る人たちも、無言で私たちの存在を受け入れてくれていた。ジェネラルクラスは「ありのまま」で生きる人々の「人間らしさ」で溢れていた。

 

「良い人」もいれば「悪い人」もいる、「綺麗な景色」があれば「目を背けたくなる景色」もある。そんな、素朴な光景が広がっていた。

 

大切なのは、見かけでもお金でも経歴でもない。

偏見を捨て、怖がらずに

まっすぐにこの世界の本物を見抜くこと。

 

 

全てが混ざり合うこの世界で

何を感じ、何を選ぶのか。

インドは常に、私たちに問いかけてくれる!

 

 

そんな、カオスな車内の中でも、

ワクワクは止まらない!!!

 

「なにこれ、こんなの日本じゃ体験できない!!すんごーーーーっっつ!!!」

 

お転婆な私たちは相変わらず全てを楽しむ。

 

 

f:id:dreamswithlove:20170417221533j:plain

(写真byりな)

 

f:id:dreamswithlove:20170417212713j:plain

 (※お金を出せば真逆の、エアコン・食事・個室付きのリッチな電車も体験できるよ♫)

 

 

4日目

 【二人旅】

何にワクワクする?

どこに行く?

 

今日もインドの大地を冒険。昨日はあんなに素敵な体験をしたのに、今日は熱いインド人達の導きによって、「とある場所」と「宝石屋」にたどり着いた。やっぱりインドは面白い。

f:id:dreamswithlove:20170418022020j:plain

⬆︎床屋さん(笑)

 

【夜行列車】

もはや「庭」になったデリーに別れを告げ、今夜は夜行列車で「砂漠の街」を目指す!!

  

インドの列車は本当にわかりづらい。電光掲示板の数字と実際に電車が来るプラットフォームがコロコロ変わる。 

 

数え切れないほどのホームがありインド人も混乱する。そして、わからないことを「適当に」答えてくれるインド人達によって、更に現実は混乱する(笑)

  

正しい情報はどれ?

何を見て、何を信じる?

 

「仲間」がいるうちに

何度も何度もみんなで繰り返し謎を解くことは

今後の一人旅への、大きな財産となるんだ。

f:id:dreamswithlove:20170417213223j:plain

 この後ホームを駆け回って汗だくで列車探し。

もう一つのグループは、ホームを全力疾走!

大きなバックパックを背負いながら、動き出す電車に半泣きで飛び乗った!!!

 

その光景はまさに、

はじめてのおつかい

 

5日目

【おもちゃみたいな街】

翌朝、やっと目的地へ到着!!初めての夜行列車、長く感じたりあっという間だったり感想はみんなそれぞれ。

 

 でもね・・

 

f:id:dreamswithlove:20170417225122j:plain

 

 みんなの瞳が、一気に輝いた。

 

「この街、大好き!!!」

 

一瞬にして大好きになったこの街を拠点に

私たちは最後の2泊3日を過ごす。

 

f:id:dreamswithlove:20170417214221j:plain

 (写真byともえ)

 

今日は、のんびり、自由行動。

この街を探索するもよし、のんびりするもよし

語り合うのもよし。

f:id:dreamswithlove:20170417214321j:plain

f:id:dreamswithlove:20170417215458j:plain

f:id:dreamswithlove:20170417215608j:plain

(写真byともえ) 

 

ナマズのいる池でボートにも乗れるよ(笑)

f:id:dreamswithlove:20170417215331j:plain

 (写真byえり)

 

そして私たちはみんなで夕方に集合し

この街に沈む夕日を見に行った。

f:id:dreamswithlove:20170417152234j:plain

 

この街は、朝も昼も夕方も夜も

それぞれ違った色に染まる

 

昼間なんて、おもちゃ箱みたいに

で可愛らしい色になる。

 

みんなで見たそんな景色は

きっと一生、心に焼付くよ。

 

 

【夜の宴】

今日も、お酒を片手に夜の宴。

旅の話や、深い話、さりげない日常の話や、

恋愛話、思いがけないカミングアウトに、

時折最高の夜景を見ながら人生の最高のデトックス

f:id:dreamswithlove:20170417160741j:plain

 

 

 

6日目

【Let's go to the 砂漠!!】

「コテがなきゃ死んじゃう〜!!」

「ほんまそれ〜!生きていかれへん!」

昨日の列車でついにコテ(髪を巻く機械)が壊れたらしい。インドにいながら毎日コテを持ち歩くという、女子力高きバックパッカーたちの名言に、朝から大爆笑。

 

昨日の夜「もっと人間らしく強くたくましく生きていこう!」って、語り合ったばかりなのに〜笑

 

ジープにお酒や食べ物や毛布を積んで砂漠を目指す。途中、牛の大群とすれ違ったり遺跡を見たり。

f:id:dreamswithlove:20170417161025j:plain

「Welcome to our 砂漠〜!」

 こんなに可愛いラクダ達がお出迎え。

f:id:dreamswithlove:20170417161505j:plain

 そしてまた、ラクダに乗って砂漠を目指す。

 

インドでラクダに乗りながらも、wifiルータースマホを使いこなしているメンバーにまた爆笑。時代は進んだもんだ。

f:id:dreamswithlove:20170417162124j:plain

 砂漠の上で思いっきり遊んだり

のんびりたそがれたり昼寝をしたり。

 

 自由に思い思いに過ごしていると、

みるみるうちに空の色が変わり

とびっきりの夕日が目の前に現れた!!!

f:id:dreamswithlove:20170417161846j:plain

今この瞬間の

ここでしか見られない景色。

f:id:dreamswithlove:20170417204447j:plain

 キャンプファイヤーがしたい!

  

奇跡的にも願い叶って

夜には火を囲みながら

歌を歌ったり、語り合ったり。

 

夜の砂漠で思いっきり走り回ったり

乾燥したラクダのうんこを投げ合ったりw

 

そんなことをしている間に

満月が沈み、満天の星空が現れた。

  

ビュンビュンと流れる流星

どこまでも無限大に広がる星屑に

瞬きするのももったいない!!

 

都会では気づかなかったけど

本当は毎日毎日、どこにいても

こんなにたくさんの星々に見守られながら 

私たちは生きていたんだね。

 

 

7日目

【最後の日】

f:id:dreamswithlove:20170417220139j:plain

砂漠で朝食を食べ、ラクダに乗ってまた街へ。

 

最後までめいいっぱい観光や自由時間を楽しんで、

最後の宴、始まった〜♫

 

今夜の夜行列車でみんなそれぞれの地へ。

たったの7日間だったけど

7日間とは思えないほど濃い日々を過ごした。

 

どんどん変わっていったみんなの表情が

どれだけ楽しかったのか物語っている。

 

みんなと旅したインドでの日々は

もう本当に、人生の最高の宝物。

 

みんな大好き!!!!ありがとう。

 

またの再会を願って

みんなの新たな旅立ちへ、乾杯!!!!

f:id:dreamswithlove:20170418043513j:plain

THE END .

我らの頼れる引率さん!!

お疲れ様でした♡笑

http://yukitabi55.vivian.jp/wp-content/uploads/2017/04/IMG_3366.jpg

解散後・・・

 

 

*まりこ編*

フラ〜っと寄ったリシュケシュでは

タビイクの名残でなぜかヨガよりもお酒探し

f:id:dreamswithlove:20170415153738j:plain

仲良くなった酒飲み友達の

インド人やイスラエル人やドイツ人達と

ガンガのほとりで薪したり

f:id:dreamswithlove:20170415153222j:plain

ひょんなところでできた飲み友達の誘いから

f:id:dreamswithlove:20170415160020j:plain

ほっぺとおでこと歯に

カレーが付いてるのも忘れて

バイクに乗って山道をドライブしたり

f:id:dreamswithlove:20170418004628j:plain

夕日とガンジス川を見てたそがれたり

f:id:dreamswithlove:20170415200846j:plain

ヒマラヤ山脈の結婚式に行って

f:id:dreamswithlove:20170415203841j:plain

可愛い子ども達と遊んだり

f:id:dreamswithlove:20170415161555j:plain

可愛い泣き虫花嫁さんを笑かしたり

f:id:dreamswithlove:20170415181250j:plain

結婚式なのになぜか真夜中に

50人以上のインド人達と

ビーサンで標高1300m程上がる登山を

することになったり

f:id:dreamswithlove:20170417225947j:plain

蛍の光に包まれながらの

ジャングルトイレを楽しんだり

思いがけず、

たくさんのインド人達と仲良くなって

f:id:dreamswithlove:20170417034954j:plain

ヒマラヤ山脈に家族ができちゃったり

f:id:dreamswithlove:20170417225620j:plain

 嬉しくって、夢だったガンジス川

バタフライしたり(笑)

f:id:dreamswithlove:20170418005744j:plain

『世界一カラフルで世界一危険なお祭り』

と言われているホーリーの最激戦地区にも

乗り込んで行った!!!!

f:id:dreamswithlove:20170418010458j:plain

このピンクの粉のせいで涙腺まで詰まった

f:id:dreamswithlove:20170418010724j:plain

そして列車の中よりカオスな世界を知った

f:id:dreamswithlove:20170418012107j:plain

列車のクラスはもうジェネラルか

その1つ上のSLにしか乗ってないし

f:id:dreamswithlove:20170418012547j:plain

宿でスタッフもして家も同僚もできた

f:id:dreamswithlove:20170418044215j:plain

こんなところも鼻歌を歌いながら

散歩できる「庭」になった

f:id:dreamswithlove:20170418044251j:plain

このジャイプルという街にも家族ができた

f:id:dreamswithlove:20170418025940j:plain

子ども達に教えてもらって

f:id:dreamswithlove:20170415162856j:plain

手でカレーを食べられるようにもなった

f:id:dreamswithlove:20170415163117j:plain

その他もいろいろと!!!

タビイクのおかげで

お転婆魂増したと思う〜!!(笑)

 

 

 

世界一周しても

一人で来るのが怖かったインド。

 

 

 

そんなインドを

「タビイク」からスタートしたことで

自分らしい旅ができるようになった!

f:id:dreamswithlove:20170415182152j:plain

  インドという国は、上から下まで、

端から端まで、何においてもキャパが広い。

 

いい人もいれば悪い人もいる、

裕福な人もいれば貧乏な人もいる、

面白いことがあれば辛いこともある、

そのレベルが

尋常じゃなく幅広いんだ。

 

インドに来てから、

そんなカオスなインドを楽しみきれなくて

インドを嫌いになって帰っていく人も

いっぱい見た。

 

でも、私はタビイクのおかげで

 インドを大好きになれた!!

 

インドの旅の仕方、インドの遊び方、

これは、他の国とはちょっと違った

”コツ”がいるのかもしれない。

 

旅は人生をも変える。

そんな旅への一歩をどう踏み出すか

その一つの選択肢として

タビイクはものすごくオススメです!!!

 

きっと感想だってみんな違う

先進国が好きだってわかった人も

日本の良さを改めて知った人も

「インド無理〜〜」って思う人も

いるかもしれない。

 

でもそれも全部含めて、

インドに来なかったら感じられなかったこと

みんなそれぞれの等身大の経験を

大切にしていけばいいんだ。

 

「旅」にどんな意味づけをするのかは

  全部、自分次第だから*

 

インドでの謎解きゲームが面白い訳 :2

「インド」は常に何かを問いかけてくる。何を選ぶのか、何が正しのか、何を感じるのか、何を思うのか、どんな答えを導き出すのか、を信じるのか。

 

その疑問の先に、本当の自分が見えてくる。どんな景色を見たいのか、どんな世界で生きたいのか。インドでの謎解きゲームは「旅」を越えて、この世界の本質を教えてくれるのかも。

 

➡︎タビイクで一人旅への壁を越えておくとその後「旅」をしながらその先の世界を見つめられる。もっと深く、もっと素直に、ありのままの現実を楽しめるんだ!

f:id:dreamswithlove:20170417230334j:plain

【タビイク2017年夏プラン】

そんなタビイク、今年、2017年の夏

HPより一般申し込み受付中!!!

goo.gl

 

LINE@に登録すると10000円引き!

https://goo.gl/7ml9PM 

 

どのプランの引率者も、素敵な人たちばかり!

どのそれぞれ違った素敵なプランばかり!

そして、毎回ベストな仲間しか集まらない!

複数参加も受付中!笑

 

ちなみに、私もインドプラン引率します。

インド旅を通して、人生をより面白く深めてみよう!!!

 

f:id:dreamswithlove:20170418165820j:plain

世界はあなたが見たい景色を見せてくれる。

世界はいつも「自分自身」*

まだ見ぬたくさんの景色と

とびっきりの仲間に会いに行こう!!!

 

さあ、

ワクワクを言い訳に旅に出よう。

youtu.be

一緒に地球で遊ぼっ!笑

 

*30円から広がる世界④ナースのバイトで喜び探し〜インド資金集め*

 インドへの切符

とある理由により、全財産が30円になった時、私の手元にあったのは、世界旅中に貯めていたマイルが貯まったJALカード!!インド行きチケットと交換できたため、インド人よりお金がなくなったこのタイミングで、インドに行くことにした!!

 

インドへの資金集めは、大好きなナースの資格を使って、たくさんの人たちとの出逢いや関わり合いを通して調達!

 

   インドへの資金集め

f:id:dreamswithlove:20170321024424j:plain

この世界で生きていくためにはお金が必要。でも、大切なのは、お金を稼ぐことじゃなくって、どんな気持ちでそれをやりたいのかっていうこと!

 

それは仕事だけじゃなくて、何でもそう^^*どんな時に楽しくて、どんな時に嬉しくて、どんな時に喜びを感じるのか。そういう「喜び」の瞬間を重ねていくことで、お金を稼ぎたいって思った。そうやってお金も循環したら、「喜び」もこの世界をどんどん循環する。

 

じゃあ、そういう瞬間って何をしている時なんだろう・・まずは、大好きな看護師のお仕事をきっかけに、その自分にとっての楽しさや幸せってやつを探してみることにした。

 

 看護師のバイト

以前までは大学病院の小児科病棟・NICU(未熟児集中治療室)やGCU(赤ちゃんの回復治療室)で働かせてもらっていたけれど、今は自由に選べる看護師の派遣バイトをやっている。

 

看護師の仕事はすごい!

 

だって、生まれたばかりの赤ちゃんから100歳以上の人たちと関われるんだもん!そして、いろいろな現場を見れる。

 

こんなに素敵な職業、他にないんじゃないかって思うほど、たくさんの人たちの人生に触れられて、心と心で関われる。それは、仕事を通して、自分自身どこまでも成長させてもらえるということ。

f:id:dreamswithlove:20170321024608j:plain
*おじいちゃん

    おばあちゃんの学校*

デイサービスで人生を学ぶ。

 

ここでは、おじいちゃんおばあちゃん達が身体の機能訓練や運動をしていたり漢字テストやカラオケ大会をやっていたり、お風呂に入って温まったりしている。おばあちゃん達は井戸端会議、おじいちゃん達はまるで小学生のようにふざけあっていたり、一人一人のペースに合わせてゆっくりと過ごしていたりする。

 

なんといっても、みんなが食べているご飯があまりにも美味しそうで、毎回私も早くおばあちゃんになりたいなぁって思った(笑)。

 

85歳のおじいちゃんの人生を聞いたら

「いろいろ好きに生きてきたから、楽しかった!やり残したことはないね、いろんなところ遊び行って、可愛い姉ちゃんたちとも遊んだりしてさ笑!バブル時代は特に楽しかった。大変な時もあったけど、全部ひっくるめて、いい人生だったよ。今は孫もいるしね。孫はしょっちゅう、うちのばあちゃんを頼って遊びに来るんだ。」と。

 

90歳のおばあちゃん
昔、好きな人を捨てて、父が勧める人と結婚したの。若い頃はそれでいろいろと大変なこともあったけど、コツコツ頑張ってきて、でもそのおかげで、今では家族も親戚も、ちゃんと暮らせているし、ご先祖さんも喜んでいると思うわ。そんな人生も、私には十分に幸せで、よかったわよ。」と。

 

幸せの形って、本当に人それぞれ。どんな風に生きても、何を選んでも、ちゃーんと幸せになれるんだ*私の約3倍くらいに長い時間をここで生きてきた人生の先輩たちは、堂々と今この瞬間も幸せを選んで笑って生きていた。

  

歳をとっても、外とのつながりの機会やいろんな世代の人たちと交流できる時間がもっと増えたら素敵だな〜!

 


*訪問入浴、夫婦愛*

おばあちゃん達に恋愛インタビュー


朝から風呂や聴診器を担いで家庭訪問。1日8件〜10件を回っておじいちゃんおばあちゃんの入浴介助。家に訪問したら、病院や施設と違った普段の生活を感じられて、何だかほっこり。病院や施設だけではなく、直接自宅に訪問できる、地域看護も面白い!

 

そして、各家庭を訪問する中で歳をとって忙しい生活からは離れて、寄り添いあいながら毎日の時間をゆっくりと過ごすたくさんのご夫婦を見ていると、歳をとるのも面白いなぁって思った

 

人生のいい時も、悪い時も、あるがまま、そのままを重ねて生きる。夫婦って、私が想像するよりもずっと深い。人生は短いと思っていたけど、思ったよりも長いかも。

 

旦那さんと仲良しのとあるおばあちゃんは言った
「あらあんたね、うちの旦那なんて若い頃はいつも仕事仕事仕事で、家族のことなんてほったらかしよ。自分のことしか頭にないの。だから歳とった今になっても、ファブリーズも知らないのよ。今日買い物を頼んだのに、ファ、ファ、なんだっけ?なんて言ってるの。頭きちゃうわ!天国に行ったら、もし再会しても無視してやるんだから笑。あははは。そうやって自分の中で勝手に折り合いつけて、楽しむのよ。」
そんな愉快なおばあちゃんを、旦那さんは笑って見ている。幸せな光景。幸せな出逢い。

 

年上女房のおばあちゃん

「この人を選んで良かったわ。どんな時も優しいの。喧嘩もするし、嫌なところもあるけどね、良い時も悪い時も、喧嘩しながらでも一緒にいたから、気づけば知らないうちに大切な人になってたわよ。今でも言い合うこともしょっちゅうよ。あはは」

 

87歳のおばあちゃん

「喧嘩なんていっぱいしたわよ!仲直りなんてしなくても、一緒にラーメン屋をやっていたから一緒に汗水たらして働いているうちに、喧嘩していたことすら忘れちゃうのよね。それはそれで楽しかったわよ。どんな時があっても、一緒にいるって決めてたから。」

 

93歳のおばあちゃんは、天国に行ったおじいちゃんの写真をベッドのオーバーテーブルに飾り、毎日一日中おじいちゃんの顔を眺めていた。今でも大切な人と一緒に生きている安心感がそのおばあちゃんの大きな支えになっているようだった。

 

旦那さんに先立たれたおばあちゃんも、奥さんに先立たれたおじいちゃんも、結婚指輪を今でも大切にはめていて、残りの人生をゆっくりと過ごしていた。暖かいお部屋で食事をして、ベッドでゆっくりして、テレビを見て。日常の何気ないことの中にも、幸せのカケラはたくさんあった。

 

大切な人と生涯を共に過ごした思い出が、愛された記憶が、その人をずっと幸せの中で生きさせてくれている、ような気がした。今までの出会いを、人生での出来事を、全部を宝物のように抱いて生きている人たちがたくさんいる!!

 

何十年も、大切な人と寄り添い合える幸せ半端ない!好きも嫌いも越えて、受け入れあって。お互いが鏡。相手の中に見えるものは、全て自分の中にあるもの。

 

「あなたもいい人に出逢えるといいわね。」

 

こんな風に、ほっこり幸せを、おじいちゃんやおばあちゃんたちにおすそ分けしてもらう日々。自宅でのお風呂介助の関わりは、病院とは違ってみんなリラックスして心を開いてお話をしてくれやすいから、とっても楽しい*(腰はヤバイし、体力は必要だけど)

 

 

 

*イベント救護*

男の子の中身は幾つになっても少年?!

 

ひろ〜い公園で、小さい子ども達から大きな大人まで全力で競い合う、自転車競走(?)のイベント救護をやってみた。「自転車競走って!!!自ら怪我をしに行くようなイベントではないか!怖い!」と思っていたら、「去年は転んで心肺停止になった人も出たから、よろしくね〜!」と。

 

 

朝から夕方まで、死人が出ないように誰よりも切実に祈り続けた。次から次へと怪我をして救護室にやってきたるのは3歳〜60歳くらいまでの、たくさんの男の子たち(笑)!

 

 

小学生の男の子は、ゴマ粒程度のちっちゃな傷口を半泣きで見せに来てくれて、消毒をして絆創膏を貼ってあげたら「ありがとーー!また自転車乗ってくる!」ってすぐに笑顔に戻って帰って行った。なんとも可愛い!

 

 

30歳前後の男の子は、顎から血をだらっと垂らして登場。応急処置をして、縫ってもらいに病院へと促すと、数時間後、嬉しそうにはにかみながら戻って来た「病院で縫ってもらいました!応急処置が良かったって!これからまた自転車に乗ってきます!」と。

 

 

50歳前後の男の子達は、みんな揃いも揃って泥だらけの傷口を、次から次へと見せに来てくれる。水道できれいに洗ってから見せに来てねって、オウムのように繰り返し伝えた。消毒をし、手当てをすると「ありがとうございました!また自転車に乗ってきます!」と満面の笑みで戻って行った。

 

 

3歳から60歳くらいまでのたくさんの男の子たち男の人って、何かに夢中になると、まるで何歳になっても変わらない大きな子どもに戻るみたい(笑)。どこを怪我しても、傷口を汚れたまま見せに来てくれて、手当てをすると懲りずに「また自転車に乗ってきます!」ってみーんな同じ。笑!男の子たちって、面白い笑。

 

 

そんな世間の男の子たちに一言

怪我をしたらちゃんと水道で洗ってから、救護室に行ってくださいね*

 

必死な祈りのおかげで死人も重症患者さんも出ず、無事に終えたイベント救護♪

 

 

 

*中学生のスキー合宿引率*

 先生達の目が、生徒さん達への愛情で、輝いていた。

 

自然教室って先生達にとっては本当に大変。日頃の業務に加えて準備からそれはもうコツコツやって、本番に向けて指導して、合宿中も早朝から深夜まで動き回る。体力的にも気力的にも、もう、ちょー大変!!!笑。でもね、ちょー素敵!!!こんなに一人一人の生徒さん達をちゃんと見ているんだって、感動した。

 

先生達の心に、”どうでもいい”なんて言葉が一つもない。

 

生き甲斐でもあって、大変だけどやりがいで溢れている仕事、ここにも何気ない幸せがたくさんあった。

 

人と向き合う仕事、どこか看護師と似ている仕事。

 

一人一人の子ども達の心に、先生達や友達と過ごした日々はきっと一生残る。素直で不器用でちょっとませてて可愛い中学1年生たちと、生徒さんたちを真剣に想う素敵な先生たちの学校。

 

看護師として引率した、2泊3日のスキー合宿。今回はインフルエンザもノロウイルス感染症も大きな怪我もなく、無事終了。小さな怪我や精神的ストレスによる頭痛や嘔気はご愛嬌。3日間、中学生らしい面白さに笑わせてもらい、中学生の頭の中や心の中とそっと向き合い、素敵な先生たちと色々と話し、とってもとっても楽しかった。

f:id:dreamswithlove:20170321030758j:plain

 

看護師という仕事をきっかけに

新しい出逢いがどんどん広がる。

見える世界がどんどん広がる。

一つ一つの出逢いが、喜びにかわる

 

人との心からの出会いが、私の人生をますます豊かにしてくれた。私は人が好き。誰かと心から繋がれる瞬間が好き。一見堅苦しい日本の社会も、やっぱり素敵なことで溢れてた!!!

 

看護師の資格を通して、自分自身の歓びの瞬間も知ることができた。そんなこんなで稼いだお金で、インドへ行ってきまぁす♡

 

 

 

*30円から広がる奇跡②*お金とバイバイして感じたこと〜

  どうせ生きるなら 

 

 本当に大切なものを思いっきり抱きしめて

さいっこうに楽しく

大好きな人たちと一緒に

どこまでも自由に生きてみたい!!!

 

 

自分の人生は

自分自身でプロデュースしていいんだから

とことんやってみようって思う*

 

f:id:dreamswithlove:20161120000123j:plain

 

 涙の理由

お金を手放した私の手元に残ったのは30円。(バックパッカーをして世界中で思いっきり生きすぎて、もともとお金なんてもうなかった笑。)

 

お金があった時も、お金がない今も、お金にも何にも縛られずに自由を謳歌できた日々も、全部が私の人生の財産。これからどうするかも、全て選べる。お金がなくなってまず最初にわかったのは、幸せの閾値が一気に下がったこと。

 


会いたい人と会える
帰る居場所がまだある(笑)
何かを食べられる
人の優しさに触れられる・・

 


もういちいち
ものすごく嬉しくて嬉しくて
幸せの涙が1日に何度も何度も溢れ出した。

 

 

誰かの優しさに触れるたびに
誰かの愛を受け取るたびに
私の心が喜びで溢れて
目の前の景色が豊かになった

 


ありがとう、ありがとうって

温かい涙がポロポロ出た。

 

 

お金がなくなったら

笑顔はもっと笑顔になって、

幸せはもっと幸せになって、

人との絆はもっと絆になった。

 

 

感情を感じる感覚が敏感になって

"怖い"も、"不安"も、"嫌だ"も

"嬉し"いも、"幸せ"も、"楽しい"も

感情が一気に心の中で動き出した

 

 

溢れ出した”涙”は

生きている証になった。

 

 

そして、私がどんな状況にいても

空は変わらずにいろんな表情をするし

晴れの日はとことん気持ちいいし

地球の夕日のショーは毎日開催されているし

東京のビルの隙間からは星が3つ見えるし

世界は私が一文無しになったくらいじゃ

何の動揺もしない。

きっと死んでも一緒。

みんなの毎日は変わらずに続いていく。

 

 

でもだからこそ、小さなことに喜びを感じ、

ちょっとのことでも感動するようになった。

幸せがたくさん見えた。

辛さや厳しさと同時に、

お金がない楽しさもちゃんと知れた。

 

 

そして、

今までお金が運んでくれていた幸せにも

また改めて気づくことができた。

 

 

 

東京で貯金が30円、さすがに自分も思い切ったなと思うけれど、それにも意味はあって…お金がなくなった先にある感情や、お金の大切さを改めて私に体験させてくれた

 


そして結局、いつもどんな時でも、目の前の幸せに目を向けることを、選び続ける!

 

 

何を選んで、何を感じて、

どんな風に生きるかは

やっぱりどんな状況でも自由に選べるんだ。

 

 

『自分の大好きな人生を生き抜く』ために、

やっぱり正社員には、戻らないだろうけどね*

 

 

お金がなくても楽しいし自由も幸せもある

 

でも、

 

お金があると嬉しいしそこにも自由はある。

 

 

どっちの状況でも、世界を見る角度次第で、

楽しくも嬉しくもどんな風にでもなる

 

 

どんな状況の中でも、幸せを感じられる心を持っていることが、本当の豊かさへの入り口みたい*

 

f:id:dreamswithlove:20161113160106j:plain

 

 循環したもの

そして、どんな状況でも、私は生きる力や喜びや幸せを循環させることにエネルギーを使っていきたい。そこからの、お金の循環。

 

 

それは一つ一つの行動に、愛情や楽しさや喜びをいっぱい込めるっていうこと。

 


だから、目の前の人たちや目の前の日常の一つ一つに、愛情を込めて生きてみる。

一つ一つの行動に、一人一人との時間に、心からの愛情を込めて。

 

 

そして、みんなからもらったたくさんの幸せに、私も全力で応えていく。

 

 

その愛情も優しさも喜びも幸せも、

あるがままに感じ抜き、

愛を込めて次へと贈る。

絶対に無駄にはしないから*

 

 

今後も、自由の中を生き続けていく。

お金が無いから働かなきゃいけないじゃなくて、こういうことをしたいからするっていう、そういう気持ちを大切にして。

 

 

希望がなければ出てくるまで待つ。

希望を探しに行ったっていい。

自分の弱さとも、向き合う。

 

 

しなければならないことなんて、

本当に一つも無いんだから*

 

f:id:dreamswithlove:20161201234401j:plain

 

 30円の行方


そして、残りの30円のお金については、どうしよう…と、手持ちの10円玉を3枚並べて、考えてみた。また枠が外れた。

 

世間一般的にはこの茶色い丸い物体をお金というし、日本の常識ではこれを10円玉というけれど…


でもね、視点を変えて、

常識や枠を全部とっぱらって考えると

 


これはただの茶色い丸い物体であり、

この物体が何かを知らない人にとっては

何の価値もついていないんだ。笑

 


つまり、

 

目の前のものに価値をつけるのは自分自身で、

どんな価値をつけてもいいってこと!!

 

 

何が正しくて何が喜びかは

全部自分で決めていい。

 

 

実際にそれが使えるか使えないかは置いておいて、どんな気持ちでそれを遣うかは、全部自分で決めていいんだ!!

 

 


だから私はこの10円玉に、1000万円ほどの価値をつけてみることにした。そしたら、なんと、手元に3000万円持っている気分になった。(アホみたいだけど、真面目。笑)


だから、その3枚の10円玉を、1枚1000万円…いや、もっと、無限大の幸せの気持ちを込めて、遣おうと思った。

 

どうせ使うなら。


そして、その1枚目が、敦くんのイベント!!前から敦くん本人から「是非来てほしい」ってお誘いのあったイベントだった。お金は無かったけど、”あっくんに会いたい”って思ったから行って、この貴重な幸せな1000万円程の10円玉で…それはそれは無限大の大きな温かい気持ちを込めて、お気持ち料をお支払いした。

 

そしたら、すぐに、贈った気持ちがどんどん返ってきた。

 

それは、敦くんとの出逢い直しだったり、思いもよらない大きな感謝だったり、私が本を書くことに対するとんでもない応援だったり、ちかちゃんから授かった宝物だったり、てるとの会話だったり、りょうすけやあきえってぃとの再会だったり、新しい素敵な出逢いだったり…もう本当に数え切れないくらいの贈り物を、この幸せな気持ちを無限大に込めた10円玉で、受け取ることができたんだ。


そして…


ちょっと自信がなくなったりして、誰にも言えずにいた弱気な自分の気持ちを思い切って外に出したら、話せただけでもスッキリして前向きになれたのに、おおっきな希望になって戻ってきた。


「茉莉子にしか書けない本がある、世界が待っている、絶対に書かなきゃだめ、他にどんな本があっても、茉莉子の書いた本が読みたい。」そんな風に心を込めて言ってくれる人達が何人もいて、涙がまた止まらなくなった。


そうやってまた本を書き始めたら止まらなくなって、心の中から伝えたい想いが、文章が、どんどん溢れ出してきた。

 

 


心からの想いを込めて贈った気持ちは、

贈った相手にもちゃんと届くし、

そこから巡り巡って、

また自分に返ってくるんだ。

そんなことを、体感できた。

 

 

きっと、

10玉を10円玉だけの価値で使っていたら、

申し訳なさとか、お金がない不安とか、

そういうのが邪魔してこんな幸せを、

受け取れなかったと思う

 

 

いいことをするとか、

素敵なことをするとか、

それだけではなくて、

 

 

幸せを受け取る勇気や受け取る許可を

自分で自分にプレゼントしてあげても

いいんだね。

 

 

『そこにどんな値段をつけるかではなくて、そこにどんな気持ちを込めるか』

 

 

この世界の、目に見えないものも、目に見えるものも、私は全部を自由に使って生きてみたい。幸せや喜びは、誰でもいつでも誰にでも贈ってもいいし、受け取ってもいいんだ!!

 

f:id:dreamswithlove:20161201234023j:plain

 

 

*30円から広がる世界①*〜またね、お金ちゃん〜

 バイバイ、不安から握りしめていたお金。 

1年3ヶ月の世界旅を終えて日本に帰国して、日本のトイレに感動し、日本食の美味しさに涙を流し、温泉に入って幸せをかみしめ、暖かい布団で寝て心地よさを全身で感じ、日本のありのままの景色に愛おしさを感じ、改めて日本という国を大好きになった。

 

でも・・

 

少しずつ日本の生活に慣れていくにつれ、違和感が大きくなっていった。執筆活動をしながらこの違和感と向き合う日々。私にとって違和感とは、何か大切なことが隠れているヒント。

 

 

東京では・・ 

 

 

家族や友人との時間や

人と人とが関わり合う温かさ

お金に左右されない心の豊かさ

幸せを感じる感性・・

人を思いやる心や生きる喜び・・

 

よりも

  

世界中を旅して感じてきた、私がずっと大切にして生きていきたいと願ったそのどれよりも、お金が優先だった。

 

  

”お金”って人間が作った、便利でハイテクな道具だと思う!

 

 

使う人、稼ぐ人、みんなのいのちの時間や想いが詰まった道具。

 

 

ただの紙切れが、ただの丸い物体が、各国の中でぐるぐる循環していて、ユーロやドルに関しては、国境を越えてぐるぐる旅をしている。(いつか自分もお金になって旅をしてみたら、面白そう。その時は、銀行に閉じ込められているだけじゃ、やだな。笑)

 

なのに・・

 

人はお金に人生をすごく左右されている。

お金のために命の時間を削って働いて、

お金のために大切な人との時間を削って働いて

お金に追われてお金に安心を求めてまた働いて・・

 

本当に多くの人が、人間が作った便利でハイテクな道具のはずの”お金”に振り回されている

 

 

なんなんだ、この世界は???

 

 

ーーー本当にこの世界が、お金を稼ぐために幸せを存分に大切にできない世界なら、お金がなくなって死んでしまってもいいから、本当に大切なものを全力で大切にして生きてみたいと思った。

 

 

だから、無謀にも、お金を手放してみた。この世界は私たちが想像するよりもっと広いし、深いと思ったから。それは同時に、経歴もぐちゃぐちゃになり、住む場所も失うことにもなるんだけれど、そんなことは関係ない。

  

 

お金は何者?

お金の正体は何?

 

そして

 

本当の豊かさや幸せって何?

 

 

 その謎を解きたい好奇心には勝てなくて!!笑。まずはお金を手放してゼロになったところから、お金を改めて大好きになることから始めようと思った。

 

 

 

私は所持金がなくなって何を感じるのかな?

お金を手放したら、何が起きるのかな?

 

 

お金に変えられない、

もっとずば抜けた”何か”に巡り会える気がして。

 

 

だから、バイバイ、不安から握りしめていたお金たち!!

 

 

お金がある幸せも、お金がない幸せも、

お金に関係ない幸せも豊かさも、

ぜーーーんぶ経験して大好きになって、

そこから選ぶ!!

 

 

社会人を経験することで

お金のある幸せを知った

 

旅に出たことで

お金に関係ない幸せも豊かさも知った

 

 

 

最後のピースは

 

お金がなくても幸せ 

 

を経験すること。

 

 

そして見つける

 

 

本当に大切にしていきたいことは何なのか、

自分にとっての幸せって何なのか*

 

 

 人生はまるで、謎解きゲーム^^!