地球で、思いっきり生きる。*Backpacker Mariko*

旅人×ライター×路上詩人×小児科ナース*

この地球で生きた証①。8/13集合in India*

 インドでBackpacker育成

インドでタビイク引率したよ^^

f:id:dreamswithlove:20170905143421j:plain

 ”インドを旅してみたいけど一人じゃ怖い・・・”、”Backpckerやってみたいけど未知すぎて一歩踏み出せない”、”人生もっと楽しみたいけどどうしたら・・・”、”インドで思いっきり冒険してみたい・・”......

 

いろんな想いを抱えた

Backpackerのたまご達を

インドというフィールドで

リアルインド人達と一緒に

一人前のBackpackerに育て上げる。

 

 タビイクの引率をした理由

『旅人を増やして、世界を変える。』

旅をしてたくさんの国に行けば、

世界がもっと身近になる。

 

世界のいろんなところに友達ができる。

そして、”他人事”が”自分事”になる。

 

未知だった世界の、

本当のことを知れる。

 

”先入観”からより、

”ありのまま”の世界を見れるようになる。

 

旅をすると、自分が動けばこの世界は

どんどん変わっていくことを知る。

 

旅人が増えて大切な人が増えれば

世界はきっと、もっと素敵になる。

 

タビイクという企画には実は、

そんな想いが込められていたりする。

 

 

それに加えて、私は個人的に

自分の人生を思いっきり

喜んで生きる人が

今よりもっと増えた世界で

生きてみたいなぁって思った。

 

自分の大好きな人生を

この世界で思いっきり生きる、

その一つのきっかけとして

 

『旅』がある。

 

生きる喜び

人の優しさ

命のありがたさ

地球の美しさ

人間らしさ

不安や困難

この世界の豊かさ

・・・

 

旅をしたからこそ

見ることができる景色

出逢うことができる人達が

 

人生の枠をどんどん外してくれて

価値観をぶっ壊してくれて

生きる世界を輝かせてくれる。

 

この世界でどう生きるか

どう解釈するかは

本当は全て自由で、自分次第。

 

”誰か”の命が生き生きと輝けば

その周りの人の命まで輝き出す。

 

その”誰か”がいっぱい増えることで

みんなの命が輝き出す。

 

みんなの命が輝けば

そんな世界で生きていることが

嬉しくてたまらなくなる!!

 

一人一人の生きる世界が輝けば

この世界は勝手に素敵になる。

 

だから、

 

「怖くないよ、大丈夫だよ。

 未知の世界へ一歩踏み出す

 のには勇気がいるけど

 その先に待っている経験全てが

 人生の宝物になるよ。」

 

『思いっきり生きたら、

 あなたの命が輝くよ。』

 

って、

『旅』を本当に望む人たちに

『旅』を経験してもらいながら

『旅』を越えた先にある宝物を

そーっとお届けしたくて。^^*

 

 タビイク引率の役割

f:id:dreamswithlove:20170905144809j:plain

タビイクは

一人旅ができるようになるための

旅や世界の魅力を知るための

人生をもっと楽しむための

あくまで『きっかけ』の提供*

 

だから

そのきっかけをどう活かすかは

本当に参加者本人次第!!!

 

引率は、皆を楽しませる係でも

トラブルを解決する係でも

安全を保障する係でもない、

企画が円滑に進むようサポートする

リーダー的存在^^*

 

そして、みんなと

一緒に楽しむ仲間の一人!

 

引率は、ガイドではない。

命に関わる

本当にヤバイ時にしか動かない。

 

「体調不良はインドで当たり前。

体調不良は”本当にヤバイ時”

には入らない!」by社長。笑

 

一番の目的は”楽しむこと”ではなく

”一人旅ができるようになること”

 

参加者本人達が積極的に行動する

積極的に自分で自分の人生を

切り開こうと行動する、

 

その過程で楽しさが生まれて

困難を共に乗り越えた仲間との

深いつながりが生まれる!!!

 

それが、タビイク。

 

だから引率は基本見守るだけ。

これが難しいけど何もしない!

最小限のサポートのみを行う。

 

”引率に頼ろう”

”引率が楽しませてくれる”

”引率が助けてくれる”って

たまに勘違いしている人が

いるけどそうじゃない♡

 

引率は好かれるためでも

尊敬されるためでもなく

一人旅ができるようになるためには

って、考えた対応をいつも行う。

愛を込めて。^^♡

 

それがタ・ビ・イ・ク・!

f:id:dreamswithlove:20170905143550j:plain

そして、私は個人的に

一人旅ができるようになるって

 

『自分軸で自分主体の人生を

 歩めるようになる!!』

 

っていうことでもあると思う!

 

だから、タビイクを通して

人生そのものを

豊かにしてもらえたら嬉しい!!

 

どんどん積極的に動いた方が

何十倍も感動するし

たくさんのことを吸収できるんだ!

 

何かに挑戦したい時、”未知すぎて怖いからやめておく”ではなくて、”未知だけどやりたいからからやる!そのために怖さとも向き合う!”みたいに、一度ここで踏み出した一歩は、今後もずっと自分の背中を押し続けてくれるから。 

f:id:dreamswithlove:20170823202349j:plain

辛いことも楽しいことも

全てうまくいくようにしか

ならないこの世界を

 ”出逢い”とともに

この地球で思いっきり

体験してみよう!!!

 

今ここに、ワクワクを選んで

覚悟を決めて飛び出してきた

仲間達が集う。

f:id:dreamswithlove:20170814210344j:plain

Welcome

to India!!!

f:id:dreamswithlove:20170814210159j:plain

 

 【1日目】①空港から街中へ!

はじめましてー!!の、

ぎこちない挨拶からスタート。

 

空港からのお題は

”メインバザールを目指そう!”

 

ヒントは〇〇〇〇という地区!

ガイドブックもスマホもしまったら

生まれて初めて歩く街へ、いざ出発!!

 

謎解きゲームの開始の合図!!!

f:id:dreamswithlove:20170814212221j:plain

どーれみ、ふぁーそーらし

ド、ドシラ、ソーファミレ〜♫

 

その光景はまさに

はじめての

お・つ・か・い💓笑

 

f:id:dreamswithlove:20170814212116j:plain 駅から出るのも一苦労!

どの道だってベストな道!

 

迷ったからこそ

出会える人がいる

見える景色がある

感じる感情がある。

 

今のうちにいっぱい迷って

本当のインドを知ろう。 

f:id:dreamswithlove:20170814213006j:plain

 勇気を出して一歩踏み出すたびに

どんどん動く世界が新鮮!!!

 

インドへの壁が少しずつ

薄くなっていく。

f:id:dreamswithlove:20170823211038j:plain

暑い中、たくさんの

インド人達に導かれ

メインバザールに無事到着!

 

みんな腹ぺこすぎて頭の中、

カレーカレーカレー時々牛!!笑

f:id:dreamswithlove:20170823211121j:plain

そんな中、

子ども達の写真をとった

参加者の一人、パンが男の子に

1000ルピー(約2000円)をねだられた。

 

お気持ち料のチップで

納得してもらおうとするが

パンの財布の中には

大きなお札しかない。

 

どんどん駄々をこね始める男の子

泣き叫んでお金をくれという。

 

見かねた周囲のインド人たちが

かわりに自分のお金を出して

渡してくれようとするが

それでは納得がいかずに

大きな石を投げつけようとする

男の子。

 

写真の中の彼の柔らかい表情は

お金のために作った表情。

f:id:dreamswithlove:20170825045606j:plain

お金って、なんだろう?

笑顔って、なんだろう?

 

生きるためのお金

欲のためのお金

喜びであふれたお金

愛が詰まったお金

 

心からの笑顔

幸せの笑顔

生きるための笑顔

お金のための笑顔

上辺だけの笑顔

 

日本では、友達と元気に外で遊びまわっている年代の子ども達が、ここでは「お金をくれ」と癇癪を起こしている。

  

何を感じる?

何を考える?

これこそが旅の醍醐味。

 

旅は、容赦なく

それまでの価値観を

ぶっ壊してくれる。 

 

 【1日目】②両替&列車チケット探し

宿へのチェックイン後

早速インディアン

バターチキンカレー!

f:id:dreamswithlove:20170823225517j:plain

そしてこれから両替所&チケット探しを

スタートさせようとしたその時・・・

 

ウザイ悪人男に捕まる。

 

「コンノートプレイスに来い!」

と言って怪しい男が近寄ってきた。

 

嫌な予感がしたので

軽くかわそうとしたら

「お前は大嫌いだ!頭が狂ってる!」

と歯をむき出して私だけ怒られた。

 

気性の荒い男性だったので

みんなには

「こいつだけにはついていかないで」

と種明かし。

 

断固拒否してさよならすると

何やら仲間に電話をし始めた。

 

(出た出た、連携プレイ!)

 

(”今からカモがそっちに行くから何とか話をつけろ・・・みたいなことを仲間に言っているんだろうな。そしてツーリストオフィスに連れて行く気だ。お見通しじゃ!!!”)

 

そして、駅に着いたところで

列車のチケット売り場探し!!

 

「はいっ、今から

 列車チケットとるよー!

 場所はどこだか探してね!」

 

またもや謎解きゲームスタート。

みんな見つけられるかな・・

ドキドキしながらひたすら見守る。

f:id:dreamswithlove:20170824042539j:plain

 いろんな窓口に行ったり

いろんな人に場所を聞いたり

みんな積極的に探している

 

(”頑張れ頑張れ!あ、今の人本当のことを教えてくれたよ!”)

 

正解を知っている私は

一人でうずうず。

 

みんなは、道を聞くたびに

違うことを言うインド人達に

絶賛、大混乱中!!!

f:id:dreamswithlove:20170823225840j:plain

インド人:「今日分は買えるけど、明日分以降は違うオフィスでしか販売していないんだ!トゥクトゥクを10ルピーで手配するからそれに乗れ!」

 

(”出た出た、この人も携帯握りしめているし、変な嘘つくし、さっきの奴の仲間だ。みんなをツーリストオフィスに連れ込もうとしている!!!こいつの話は嘘だよ!!”)

 

心の中はそう叫ぶが

みんなには言っちゃいけない。

 

まだこの段階では後ろから

見守るのが引率の役割。

 

↓悪人グル①。

f:id:dreamswithlove:20170823230705j:plain

↓悪人グル②。

f:id:dreamswithlove:20170824042511j:plain

みんな:「間違ってたら戻ればいいし、なんかトゥクトゥク乗りたいし、行ってみるかー!!!」

 

("ええ〜〜〜!!!行くの〜〜??辿り着く先は、ぼったくりの聖地だよー?!!!奴らの思うツボ。ひっかかるのー?!")

 

みんなが下した決断に

心の中でびっくりしながら

みんなとトゥクトゥク

乗り込んだ!!!!

 

("ええーい!!こうなったら私も社会科見学だー!!!笑")

 

楽しそうなみんなの表情に

何だか私まで楽しくなってきた!

 

大冒険!!!

初日からかっ飛ばすぜーい!!

みんなで初めてのトゥクトゥク

テンション上がるーーー!!!

f:id:dreamswithlove:20170823230414j:plain

と、たどり着いた先は

ツーリストオフィス。

 

うんうん、やっぱり^^

想定内です。笑

 

そしてそのまま・・

中に入った!!!!

f:id:dreamswithlove:20170823231211j:plain

どんな風に騙してくるのかと

中に入って話を聞いてみると

 

パソコンを見ながら

「列車のチケットはどれも満席だ」

と話す。

 

そして、 

そんなに悪い話ではないように

上手にツアーをけしかけてくる。

 

私たちを信用させようと、

地球の歩き方”まで出てきた。笑

 

彼らにも家族がいて生活があって

ここで働いたお金で生きていて

ある意味、彼ら自身の上手な営業で

同意のもとに稼いだお金だから

一概に悪人とは言えないけれど

 

インドの

ツーリストオフィスで組むツアーは

 

ぼったくりの額が

桁違いに多い。

 

良質なツアーと見せかけて

ツアー中にも隙があれば

どんどんお金を巻き上げてくる。

 

人間のずるさが、欲が、

詰まっているツアーが多い。

 

さっき最初に出会った

悪人男もまたここに現れた。

 

やっぱりみんなグルだった。

 

タビイク的には

ここはNG!!!

 

抜け出せるうちに

タイミングを見て

みんなに種明かし。

 

「ここは残念ながら、ぼったくりオフィス。今のうちに出ようネ!!!」

(インド人達よ・・ひっかかってあげられなくて、君たちの給料の足しになれなくてごめんね!w)

f:id:dreamswithlove:20170823232455j:plain

そして

・・・「Mariko~~~!!!!!」

どこからともなく

聞こえる声を無視して

 

(げっ。悪人グルたちに名前を覚えられたw)

f:id:dreamswithlove:20170905150943j:plain

 再び駅を目指して出発!!!

 

・・と思ったら、あれれ!

 

またトゥクトゥクに乗るみんな。

 

(”それにその値段でまた乗ったら、行き先は・・・決まっとるで笑”)

 

そしてまた、、辿り着く先は、、

 

別のツーリストオフィス・・(笑)

 

(うんうん、だと思ったっw)

f:id:dreamswithlove:20170823232929j:plain

これが

ツーリストオフィスの無限ループ(笑)

 

旅人たちがよくハマるやつです。

可愛いインド人達のお茶目な仕業ですw

 

2度目のオフィスに

怪しいと感じたみんなは

トゥクトゥクを降りて

歩いて駅まで戻った。

f:id:dreamswithlove:20170823233448j:plain

でもね、気づいたらみんな

気軽にインド人達と笑って

話せるようになってた!!

すごい!!!

 

("たとえ遠回りでも

無駄なことは何一つ無い。

 

このタビイクが終わる頃には

全てのことが何一つ欠かせない

大切な経験になるから!")

 

と思い、

ひたすら見守るのでした。

 

そして、駅で無事に

チケットGET。

 

みんな、お疲れ様^^*

 

明日の2日目は、2人旅〜〜〜

 次に続く。