読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*ナースの私、本を書く*

『天国に行った子ども達と地球を旅して大冒険』本当のゴールは本の出版じゃない、この世界を丸ごとみんなと遊び尽くすこと!

*30円から広がる世界①*〜またね、お金ちゃん〜

 【バイバイ、不安から握りしめていたお金。】

 

1年3ヶ月の世界旅を終えて日本に帰国して、

日本のトイレに感動し、

日本食の美味しさに涙を流し、

温泉に入って幸せをかみしめ、

暖かい布団で寝て心地よさを全身で感じ、

日本のありのままの景色に愛おしさを感じ、

改めて日本という国を大好きになった。

 

でも・・

 

少しずつ日本の生活に慣れていくにつれ

違和感が大きくなっていった。

 

執筆活動をしながらこの違和感と向き合う日々。

 

 

私にとって違和感とは、

何か大切なことが隠れているヒント。

 

 

東京では・・ 

 

 

家族や友人との時間や

人と人とが関わり合う温かさ、

お金に左右されない心の豊かさ

幸せを感じる感性・・

人を思いやる心や生きる喜び・・

 

よりも

 

物価や先進国や後進国関係なく

お金持ちとか貧乏とか関係なく

人間らしさの中にあった豊かさ

 

よりも

 

私が世界中を旅して感じてきた、

ずっと大切にして生きていきたいと願った

そのどれよりもお金が優先だった。

 

 

東京ではよく聞く

「お金と時間の効率化・・・」

「お金の回し方やビジネスの方法・・」

「貯金や投資・・」

 

もちろんそれもとっても大切だけど、

私はその中で生きることに苦しくなった。

 

 

いのちの時間は、人生の時間は

刻一刻と短くなっていくのに

 

何年も何十年も

自由に生きるための準備に追われ

 

生涯をその準備で終わらせてしまうような

ことはしたくなかった。

 

 

”お金”って人間が作った、便利でハイテクな道具だと思う!

 

 

使う人、稼ぐ人、みんなのいのちの時間や想いが詰まった道具。

 

 

ただの紙切れが、ただの丸い物体が、各国の中でぐるぐる循環していて、ユーロやドルに関しては、国境を越えてぐるぐる旅をしている。

 

(いつか自分もお金になって旅をしてみたら、面白そう。その時は、銀行に閉じ込められているだけじゃ、やだな。笑)

 

なのに・・

 

人はお金に人生をすごく左右されている。

 

お金のために命の時間を削って働いて、

お金のために大切な人との時間を削って働いて

お金に追われてお金に安心を求めてまた働いて・・

 

本当に多くの人が、人間が作った便利でハイテクな道具のはずの”お金”に振り回されている

 

 

なんなんだ、この世界は???

 

 

ーーー本当にこの世界が、お金を稼ぐために幸せを存分に大切にできない世界なら、お金がなくなって死んでしまってもいいから、本当に大切なものを全力で大切にして生きてみたいと思った。

 

 

だから、無謀にも、お金を手放してみた。

 

 

この世界は私たちが想像するよりもっと広いし、深いと思ったから。

 

 

それは同時に、経歴もぐちゃぐちゃになり、住む場所も失うことにもなるんだけれど、そんなことは関係ない。

  

 

お金は何者?

お金の正体は何?

 

そして

 

本当の豊かさや幸せって何?

 

 

 その謎を解きたい好奇心には勝てなくて!!笑

 

 

まずはお金を手放してゼロになったところから、お金を改めて大好きになることから始めようと思った。

 

 

 

私は所持金がなくなって何を感じるのかな?

お金を手放したら、何が起きるのかな?

 

 

お金に変えられない、

もっとずば抜けた”何か”に巡り会える気がして。

 

 

だから、バイバイ、不安から握りしめていたお金たち!!

 

 

お金がある幸せも、お金がない幸せも、

お金に関係ない幸せも豊かさも、

ぜーーーんぶ経験して大好きになって、

そこから選ぶ!!

 

 

社会人を経験することで

お金のある幸せを知った

 

旅に出たことで

お金に関係ない幸せも豊かさも知った

 

 

 

最後のピースは

 

お金がなくても幸せ 

 

を経験すること。

 

 

そして見つける

 

 

本当に大切にしていきたいことは何なのか、

自分にとっての幸せって何なのか*

 

 

 人生はまるで、謎解きゲーム^^!