読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*執筆活動と旅する小児科ナース*Backpacker Mariko*

世界各国を旅しながら執筆活動中^-^*

【4.執筆活動♡旅編@本当のゴールはこの世界をみんなと遊び尽くすこと♡】

 

「自分の大好きな人生を生きようよ!」って、悲しみも不安も幸せも喜びも、涙も笑顔も全部大切にして、生きることが嬉しくてたまらない今を一緒に生きようよって、ブログや本を通して誰かの心を少しでも明るく照らすことができたら、私はすごく嬉しい。

 

世界をして私の人生の枠は大きくドカンと外れた。

 

地球が丸ごとで、世界中で、人生はまるで宝探しの謎解きゲームで、この世界は好きなように遊んでいい遊園地で、いのちはこの世界で自由に幸せに生きるためにもらったギフトみたいなものかな〜って。 

 

みんなカッコよく生きる必要なんてない、キラキラ生きようともしなくていい。不器用に、傷だらけの泥んこまみれになって、いっぱい悩んでいっぱい乗り越えて、思いっきり生きたらいい。そこからうまれる怖さだって、宝物なんだ。そうやって生きて生きて生きて、見える世界はどこまでも美しい。幸せでしかないんだ。

 

どんなあなたでいても、いいんだよ。

 

命と身体だけ持ってこの世界に生まれてきた私たちは、失うものは何もない。ありのままでここに存在していること、それ自体がもう、幸せで溢れているはずなんだ。みんな必ず、素敵な何かを持っているんだよ。

 

だからこそ、いっぱい泣いてもまた笑って、私は今を思いっきり生きる。

 

そうやって生きた先が、

生きた今が、 

 

最高の最幸の未来に繋がっていると、勝手に信じて。今らかもう、その未来をただただ生きる、生きてみる挑戦中。普通の人生に飽きちゃったら、そしたら人生は、結構暇だって気付いたから。

 

f:id:dreamswithlove:20161128145418j:plain

 

【なんで〜?】

私は、2年半前に小児科病棟から離れたときに、天国にいるたーくさんの命たちと約束した。『みんなの分まで思いっきり遊ぶからね、みんなの「もっともっと…」を全力で生きるからね。一緒に、生きていこう。あなたが見られなかった景色を、出逢えなかった人たちを、生きられなかった日々を、私が全力で生きるから、そして、みんながいのちをかけて教えてくれたそのいのちの輝きの、宝物の正体を、』って。それは、本当に大切なことを大切にして生きるってことだった。

 

そして、1年3か月の世界旅から帰ってきて、大切な何かを犠牲にして生きる、忙しすぎる日本の世界に、絶望した。大好きな大好きな日本なのに、私が願って願ってやっと生まれてこれた日本なのに、生きることが、ただただ苦しかった。

 

どうやったら人生が輝くかなぁ、どうやったら素敵な女性になれるかなぁ、どうやったら大切な人を幸せにし続けられるかなぁって、いっぱいいっぱい悩んで感じて考えたり、過去の小さい自分にも後悔したりもした。そうしていつからか、人生の本質に迫りたくなった。この世界の正体は、何なんだろう?って。

 

常識や自分の恐れに拘束される時間があったら、どれほど大切な人との時間を大切にできるだろう。どれほど本当にやりたいことへの時間を使えるだろう。どれほど自分のいのちを生きられるだろう…。とも思った。

 

生きるペースは人それぞれ違うのに、みんな一つの時計に合わせて1分1秒を争う中で生きている。私は、そんな誰かが決めた幸せの世界の中では苦しくて、一人の女性として、幸せに輝くことができない自分を知った

 

天国に行ったたくさんの子ども達と一緒に世界旅をして、本当に大切なことに気づいてしまったから。そして、この世界はもっと深くて大きいって、知ったから

 

お金の正体は、何だろう?どうして大切な何かを犠牲にしないと生きれないんだろう・・?そもそもこの世界って、、お金や労働に左右されるような、そんなに小さいものなの?って、自問自答し続けた。

 

生きている限り、いのちの時間は刻一刻と、短くなっていくんだ。そしてその時間は、誰にもわからない。私の願いはもう、1人で生きることじゃないから、日本に帰ってきて、大切にしたいことを私1人で大切にしても、どこか虚しかった。

 

私は何のために、生きているんだろう?

何をしたくて生まれてきたんだろう?

私が世界中を旅して見つけたり感じたり愛おしく思ってきた、人生の豊かさは、幻だったのか…?

 

知りたいと思った。

 

明日が来ることは、当たり前なんかじゃないよ。動ける体があって、足があって、伝えられる口があって、誰かを抱きしめられる腕があって・・そのどれもが、当たり前なんかじゃないんだよ。どれくらいの人たちが、そんな当たり前のことを、忘れてしまっているんだろうか。大切な人たちと笑い合える時間が、一緒に居られる時間が、どれほど貴重で愛おしいことかを。

 

未来の自由のために今何かをするのも違う今この瞬間を今から幸せに生き切る、もうそれ以外選びたくなくなっちゃった私は「どうしたらお金を稼げるか・回せるか」じゃなくて、まずは、「どう在りたいか」を感じ、今この瞬間からそれを生きてみることにした。

 

そして、一度絶望を抱いた社会の中に、絶対にあるはずの希望を見つけに戻った*

 

そしたらね、社会の中にもとんでもないくらいの希望も優しさも温かさも夢も喜びも生き甲斐もいっぱいある事がわかった。”どんな自分で生きるか”によって、社会の中にも、素敵なことが十分にあるじゃんって思った。大切なことも幸せも、人の数だけ、あったんだ!!社会の中とか外とか、わけて考えなくていいって知った。

 

だから私は社会の中でも外でもどこでも、本当に大切なことを大切にして自分を生きる道を、改めて選んだ。 

 

転んだらまた起き上がったらいい。何度でも、やり直したらいい。本当に大切なことは、ナチュラルに自分を生きる、ただただ生きるそれだけだった。

 

そうやってこの世界の豊かさをおもいっきり感じて、この世界の全部を愛して、自分の命が尽きるその瞬間まで、幸せにいのちを生ききる。その一つの手段として、お金があったらいいな。その一つの手段として、旅や仕事があったらいいな。

  

そして更に、私が選んで生まれてきた人生なら、幸せになるようにしか選んでないと思うから、その最高に幸せな人生を、最高に幸せに生きてみたくなっちゃった*

 

この世界のカラクリってなんなんだ?ってね。

 

お金よりも、自分の命よりも、大切にしたいことを大切にして、まずは思いっきり生きてみる。きっと未来は1人じゃない。今からその未来を生きるから。

f:id:dreamswithlove:20161213014847j:plain

 

【執筆活動】

そうやって始めた本を書くための新しい旅は、素敵なことが毎日たくさん。焼肉食べたいって思っていたら、偶然に食べさせてもらえたり、額縁や輪ゴムが欲しいって言ったらすぐにもらえたり、笑

f:id:dreamswithlove:20161119235223j:plain

お金も払っていないのに

美しい自然の中を原チャで走るっていう夢が叶ったり。

f:id:dreamswithlove:20161119235256j:plain

思いがけず、奥底にある愛に触れて、喜びで涙がポロポロ溢れてきたり。

魂が喜ぶ感覚って、知ってる?理由もわからず喜びの涙がどんどん溢れてくるの。

f:id:dreamswithlove:20161119235326j:plain

そしてそして、愛ある嬉しい宝物を頂いたり!

見るたびに元気出る。自分の似顔絵から、いろんな物語が生まれる。

f:id:dreamswithlove:20161119235448j:plain

ご飯を頂いたり、住まわせてもらったり、素敵なところに連れて行ってもらったり、勇気や元気をもらったり!!!宝物だらけ。

f:id:dreamswithlove:20161128021203j:plain

f:id:dreamswithlove:20161119235803j:plain

f:id:dreamswithlove:20161119235705j:plain

 

たくさんの喜びが、私の人生に訪れてくれた。まるで目に見えないたくさんの力が応援してくれているかのように。

 

そして、すべての出来事が、忘れていたり当たり前になってしまっていた自分の中にある温かい宝物を、思い出させてくれる。みんなの中にわたしがいて、わたしの中にみんながいて。つまり、みんなはいつも、わたしの鏡。


本当に大切なことや、パートナーシップ、心から本氣で語り合える仲間も増えて、最高に幸せで!そしてこの経験全てが、私の生きる希望で。

 

『循環』が始まったのかな。生きる力や喜びや幸せの循環が*

f:id:dreamswithlove:20161119235905j:plain

 

そして、本氣で生きる決意は、本氣で生きた先にある死を楽しみにする決意でもあるのかもね。私にとってはもう、生きること自体が命がけだから、死ぬのは怖くない(笑)。

 

でもだからこそ、大切な人たちとの時間を大切にして、本当に大切なことを大切にして、生きて生きて生きて、生きる。ここで生きていることも、いつか死ぬことも、幸せだなって思える今を生き続ける。

 

本当はまだ途方にくれることだってある。でもだからこそ、今、目の前に広がる幸せに、涙がとまらくなるくらいの希望と喜びを感じられる瞬間があるんだ!

 

今まで出逢ってくれた全ての人たちが、大好きなみんなが、まだ見ぬみんなが、今の私の生きる希望。いつもいつも、本当にありがとう。これからもこんな私をどうかよろしくお願いします。

 

命をかけて生きている、命をかけて本を書いている、そんなこんなな、執筆活動。
また一度、東京へ戻ってきました(●゚v゚d) ♡

f:id:dreamswithlove:20161120000219j:plain